宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ご祝儀とは

慶事(祝いの儀式)において祝意やその互助活動の手間に対する謝意を表すために贈る金銭や品物のことを一般的にご祝儀といいます。結婚式や披露宴では招待された人が結婚のお祝いとして新郎新婦にお金を包んだりお祝いの品を贈りますが、それにはいくつかのマナーがあります。

お金を贈る場合には、まず新札を用意します。包む金額も「4」「9」はお祝い事に縁起の良くない数字ですので避けます。また偶数も「割れる/別れる」イメージを伴うため避けるべきだとされていますが、最近では「2」を「1組/ペア」として考えて、使われることも増えてきています。ただしその際には1万円札1枚と5千円札2枚で計3枚にしてお札の枚数を奇数にするなどの配慮をします。「8」は「末広がり」の意を持つため例外とされています。実際に包む金額は、新郎新婦との関係性やお付き合いの親密度をふまえ一般的な相場を考慮して決めることになります。会費制の結婚式は例外として、招待状に金額が明記されておらず出席者がその額を決めるという暗黙のルールは、曖昧さを許容する日本ならではの慣習であり文化であるともいえます。更にそうして決まった金額を包む祝儀袋もその金額に適したものを選ぶことが大切になります。

祝儀袋を選ぶポイントとしては、のしが付いていることや、水引は「結び切り」か「あわじ結び」で、その色は金銀もしくは紅白が好ましいなどがあります。お金を祝儀袋の中包みに入れる時はお札を表向きに、人物を上にして入れます。ご祝儀を渡すタイミングは結婚式の前日までに新郎もしくは新婦の家に行って渡すことが正式な作法でしたが、現在では結婚式当日に披露宴会場の受付で渡すことが一般的になっています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる