宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

アスコットタイとは

モーニングコートやディレクターズスーツなど昼間の第一礼装に用いる幅広のタイのことです。結んだ形が蝉に似ていることから蝉形ネクタイとも呼ばれています。アスコットタイにはストールタイプ(スカーフみたいに首元で結ぶ)とリングタイタイプ(タイリングでとめる)の2種類があります。元々は1800年代にイギリス王室所有の由緒正しい競馬場であるアスコット競馬場に集まる上流階級の人々の間で流行したことがその名前の由来であり、日本には明治時代に入ってきました。日本人にとってはなじみがなく結びにくかったため、改良したり、首の後ろでとめるタイプのものを発明したりもしました。結婚式では昼の正礼装であるモーニングコートやフロックコートに合わせるのが本来のマナーとされていますが、日本の結婚式では昼間であってもタキシード(夜の準礼装)を着る人が多いため、タキシードにアスコットタイを合わせることも少なくありませんが、マナー違反とされることはないようです。新郎の衣装は黒や紺、白にグレーが多いため、アスコットタイの定番のカラーはそれらのどの色にも相性が抜群なシルバーだといわれます。「大人の男」感をさらに醸し出す組み合わせとしてはフロックコートがあります。それにシャツの襟元をフォーマルな席での大定番であるウィングカラーにすればダンディズム溢れる装いとなります。華やかさを演出したい場合はタイリングや飾りピンで留めたり、アスコットタイそのものを鮮やかな色にするのも効果的です。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる