宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

アペリティフバーとは

レストランのコーナーやダイニングの中にある、メインの食事を楽しむためのアペリティフ(食前酒)を提供してくれるバーのことをいいます。アペリティフは、食文化を大切にするヨーロッパが発祥であり、食前のほどよいアルコールや軽いおつまみは、食欲を増進させ、会話を弾ませるきっかけになるともいわれています。
以前は高級レストランの一角にあるイメージでしたが、最近では比較的利用しやすいおしゃれなバル・創作料理・パスタ店・欧風料理のお店などでもアペリティフを楽しめるところが多くなってきています。またホテルなどでは、レストラン内だけではなく、眺めのいい高層階にラウンジを併設したバー&ラウンジとして展開しているところもあります。

高級レストランやダイニング・ルームの一角に設けられたバーのことを指し、その名の通り、主に食前酒(アペリティフ)を提供します。ラテン語で直訳すれば「開く」であり、食事の前に胃を開くという意味の「アペリティフ」には、代表的なものとしてはシェリーやベルモットがありますが、近年ではシャンパンやスパークリング日本酒、ウイスキーソーダなど泡(バブル)のドリンクも人気です。食事前の軽いアルコールとつまみという気軽さであるため、女性同士のディナーの前の待ち合わせに使ったり、商談後の会食の前に雰囲気を和ませる空間を演出したり、恋人との夜景を見ながらのロマンティックなディナーの前にと、自由自在な用途で使用できるバーでありラウンジとなります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる