宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

クアハウスとは

クアハウスとはドイツ発祥の温泉保養施設を指します。ドイツ語では療養の家と訳され、治癒や回復を意味するクア(kur)と家を意味するハウス(haus)が合わさった造語で昔からドイツ人の間で親しまれています。特に西ドイツは、豊かな自然の中で温泉を利用した治療や健康増進を目的とする施設が数多く点在し、その中心にあるのがクアハウスです。
日本の温泉と言えば、娯楽目的のイメージの方が強いのですが、人々の健康への意識が高まると、ドイツに習ってクアハウスの普及計画が導入されました。その後計画通り日本でもクアハウスは導入され、長野県の白馬村で「白馬村国民保養センター」が昭和54年にオープンしました。しかし、長期休暇を取るのが難しい日本の社会制度や健康保険制度の問題等から本来の目的で利用する事は難しく、ドイツのように一般化するにはまだまだ時間がかかりそうです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる