宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

グランドホステスとは

グランドホステス(Ground Hostess)とは、航空会社の地上勤務職員のことで、特に女性の職員を指して使われる用語ですが、男性の地上勤務職員もいること、また近年の性差のある呼称が排除される流れの中で、最近では「グランドスタッフ」と呼ばれることが多くなっています。
グランドホステスの仕事は、空港での地上業務全般で、空港のチェックインカウンターにおける旅行客の搭乗手続き、飛行機の発着ゲートにおける搭乗客や乗り継ぎ客への案内や誘導および全員搭乗したかなどの確認、最終搭乗人数および体調が悪い、乳児を連れているなど特別なケアを必要とする搭乗客の情報を書面にして搭乗機の客室乗務員に伝える連絡業務、ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗客専用の航空会社ラウンジにおける接客業務といった、利用客のための様々なサービス業務から、飛行機が安全に飛行できるよう機内における荷物や貨物の搭載位置を調整するといった、飛行機の安全運航をサポートするオペレーションといわれる業務まで、非常に多岐に渡ります。
グランドホステスに必要とされる資質としては、接客能力はもちろんのこと、たとえばフライトの遅延や欠航、オーバーブッキングなどのトラブルが発生した場合にいかに手際よく振り替えや乗り継ぎなどの手配を行い、搭乗客への適切な案内や対応が出来るかといったところで必要とされる判断力および対応力のほか、基本的に立ち仕事である上に、搭乗締切時刻間際の飛行機にまだ搭乗していない利用客を探して空港ロビーを走り回ったり、搭乗機まで駆け足で誘導したり、チェックインカウンターなどで重量のある荷物を扱ったりと、体力も問われる職種です。また、国際線に関する業務においては、外国人客の対応や国際線運航に関する業務を行うための語学力も必須である場合が多いです。
グランドホステスとしての業務の発生する時間は、航空機の発着に合わせて早朝から深夜までに及び、飛行機が24時間離着陸可能な大規模空港などでは夜勤も発生するため、基本的に交代制勤務となっており、勤務時間や休日のサイクルは不規則な場合が多いです。
大きな空港では、航空会社の社員のほか、子会社や関連会社の社員や契約社員などがグランドホステスとして業務を担う場合が多いですが、空港によっては、同じアライアンスグループの航空会社の社員や、業務提携先航空会社の社員、または空港運営会社の社員などが業務委託の形で業務を行っているケースもあります。
たとえば、シンガポール航空やガルーダ・インドネシア航空など外国の航空会社のチェックインカウンターで、日本航空のグランドホステスがチェックイン業務を行っているといったケースは日本のハブ空港でもよく見られます。発着便数が少ない地方の空港では、全日空便のチェックインを日本航空のグランドホステスが行っているといったような場合もあります。
また、地方の小規模な空港などでは、その地元の鉄道会社や運送会社、旅行代理店などの社員や契約社員が派遣される形で業務を行っているケースもあります。
グランドホステスの採用に関しては、航空会社本体が直接行う場合もありますが、最近では航空会社の関連会社が採用を行うケースの方が多くなっています。また、航空会社専門の派遣会社に登録して派遣社員としてグランドホステスの仕事に就くといった形も多くなっています。
一昔前は華やかで非常に人気のある職業だったグランドホステスですが、近年では、経費削減の流れが続く航空業界にあって、給与水準は決して高い方ではなく、雇用形態も契約社員や派遣社員など不安定な場合が多いこともあり、離職率が高く、人員の入れ替わりも激しいという問題を抱えています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる