宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

グリーンツーリズムとは

グリーンツーリズムとは、自然豊かな農村や漁村でその地域でしか出来ない様々なアクティビティを体験したり、現地の人々との交流を楽しみながら滞在する事です。1カ所でゆっくり長期滞在を満喫するスタイルが主流なヨーロッパで始まったのがきっかけですが、日本は都会と田舎の距離が近い所が多い事や、長期で休暇を取るのが難しい労働環境などを理由に短期滞在型の場合が多く、日本特有のスタイルとして「日本型グリーンツーリズム」と呼ばれる事もあります。
このグリーンツーリズムは、普段緑の少ない都会に住む人々がのんびり自然を感じたり田舎で暮らす人々と触れ合えるだけでなく、その地域の人々も食文化や現地の暮らしぶりを知ってもらう機会を得る事で、土地の認知度が高まり地域活性化へと繋げる事が出来ます。
こういったブラスの観点から、1994年に「農山漁村余暇法」というグリーンツーリズムの普及を支援する法律が制定されました。この法律によって、山、海、湖、森など様々な自然に囲まれた地域で、農家民宿の登録や旅行者を受け入れる為の地域整備、その地ならではの体験プログラムがなどが誕生しグリーンツーリズムの内容はより充実したものとなりました。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる