宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

コンチネンタルブレックファストとは

コンチネンタル・ブレックファストとは火を通していない食事を主とする朝の食事のことです。日本語で大陸風朝食といいます。この場合の大陸は主にイギリスから見たヨーロッパを指しています。ヨーロッパ在住の方は働くために食べるという考えのもとに食事をとられているため普段の食事が簡易的なものになっていることが多くこのような語源となっています。前日の夜のディナーが豪華だった場合朝食は質素にするという考えがもとになった朝食です。パッケージツアーの宿泊施設としてよく使われるホテルで出されることの多い朝食で一般的にコールドミールを主としていてパンにバターやジャムを付け合わせたものとハムやチーズなどの燻製品、フルーツやヨーグルトなどの簡易的なスイーツなどがメニューとして使われています。飲み物はジュースやアイスティー、アイスコーヒーなどが多いですがホテルによってはパンと飲み物だけというとても質素な食事になる場合もあります。これは調理時間が短く安価で軽いため選ばれることが多いです。海外では調理の必要な料理が含まれないのでルームサービスで頼むことができる食事としてよく用いられます。対義語にはアメリカン・ブレックファストがありこちらは火を通した食事がメインになる朝食となります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる