宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

サムシングブルーとは

結婚式の時に身に着けると幸せになれるといわれる「サムシングフォー」の中のひとつで「何か青いもの」の意です。イギリスの童謡集「マザー・グース」の中で出てくる「何か古いもの、何か新しいもの、何か借りたもの、何か青いもの、そして靴の中に6ペンス銀貨を」という詩に由来します。欧州では200年以上も前から取り入れられているおまじないであり、幸せが永遠に続くという言い伝えでもあります。青は「幸せをよぶ色」とされ、聖母マリアのシンボルカラーとしても知られ、純潔を意味します。さらにそのさわやかな色合いが花嫁の清らかさと誠実な愛情を表すともいわれます。このため欧米ではサムシングブルーは人目につかないように、あくまでもアクセントとしてこっそりと身に着けることが良いとされており、ガーターにブルーのリボンを飾るのが一般的です。日本ではガーターを着けることが少ないため、白い花で作られたブーケの中にブルーの花を混ぜたり、結婚指輪やティアラにブルーの宝石をあしらったり、ネイルやイヤリングなどのアクセサリーにワンポイント加えたり、更には身に着けるものだけでなく引き出物や披露宴会場の装飾の中にさりげなく青を取り入れるなどの演出アイデアも増えてきています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる