宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

シェアリングエコノミーとは

簡単にいえば、シェアリングエコノミーとは共有する経済のことです。個人が自らの所有するモノやサービス、能力を他者と分かち合うことが増えてきました。これは、ソーシャルメディアの発達によって、twitterやfacebookといったSNSが自分のモノやサービス、能力を他者と共有できるプラットフォームとなったためです。日本でも最近、個人の所有する家にその地域を訪れた観光客が宿泊することが増えつつあります。いわゆる民泊です。こうしたやりとりを仲介するのがAirbnbです。
もちろん個人だけでなく、企業でもシェアリングエコノミーは拡大しています。たとえばカーシェアリングです。自動車は個人あるいは家族で所有するものでした。しかし、若者の車ばなれや自動運転技術の発達によって、必ずしも自動車を所有しなくてもいいという考えが広まりつつあります。そうした考えのもと、自動車を、個人や家族ではなく、社会でシェアしようというのがカーシェアリングです。日本では「タイムズ24」という企業がカーシェアリングを運営しています。コインパーキングが貸出拠点となっており、そこを基点に自動車の貸出、返却を行っています。
企業によるシェアリングエコノミーの例として、他には事務所や会議室などを共有して使用するコワーキング、多くの人にお金を募って出資してもらうクラウドファンディングがあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる