宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ストップオーバーとは

複数のフライトを乗り継いで、ある目的地に向かう際に、飛行機を乗り継ぐ都市で、すぐに次の飛行機に乗り継がず、観光などのために1~2日滞在するような場合、こういった、乗り継ぎ地点で24時間以上滞在するという行動を「ストップオーバー」と呼びます。ストップオーバー(Stop Over)とは、英語で「途中降機」、「途中下車」を意味する言葉です。
航空券は、その利用条件とそれに伴う運賃の割引き度合いの違いから「ノーマルチケット(正規運賃航空券)」、「PEX航空券(正規割引運賃航空券)」、「格安航空券」と大きく3種類に分けられますが、ストップオーバーについては、PEX航空券および格安航空券の場合、そのチケットの割引き度合いにより、ストップオーバーが全く認められないものや、認められても一定の追加料金が課されるもの、チケットの割引率が低くなるものなど、制限があるものが多いです。一方、運賃がPEX航空券や格安航空券の何十倍にもなることもあるノーマルチケットは、価格が高い代わりに、ルートやスケジュールの変更、航空会社の変更も有効期間の1年以内なら何度でも可能と、制約が殆ど無いチケットであるため、ストップオーバーも無料で回数制限なく認められることが普通です。
また、貯まったマイレージを交換して入手できる特典航空券の場合は、ノーマルチケットと同じ扱いになる場合が多く、よってストップオーバーもたいてい無料で制限なく出来ます。
なお、たとえ乗り継ぎ地で入国手続きをして入国し、街中のホテルに泊まったり、観光などをするとしても、滞在が24時間未満である場合は、「ストップオーバー」ではなく、乗り継ぎや一時立ち寄りという「トランジット」という扱いになるので、ストップオーバーの場合に航空券種によっては掛かってくる追加料金や割引制限なども掛かりません。
また預け入れ荷物がある場合、通常は荷物はスルーチェックインという形で、乗り継ぎ地で受け取る必要なく、最終目的地の空港まで運んでもらえるケースが多いため、もしストップオーバーをするのであれば、必要な分の荷物だけは機内持ち込み手荷物にしておく必要があります。乗り継ぎ地で荷物を一度受け取りたいという場合は、その旨を事前に航空会社に相談すれば、受け取りが可能になることもあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる