宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ダブルとは

ダブルとはダブルベッド(横の長さが1400mm前後×縦の長さが1950mm前後)などの2人用ベッドが1台のみ設置されている部屋に2人組で宿泊することを指します。基本的にツインよりもベッド数が少なく部屋面積をせまくできるダブルのほうが部屋料金が安く済むことがほとんどですが同じベッドに2人で寝ないといけないため家族や恋人同士での宿泊が推奨されています。またホテルによってはツインよりもダブルのほうが部屋設備やアメニティが豪華である場合があります。料金表示はホテルによってさまざまで1人○○円や1室○○円とその表記は様々です。1人○○円の場合は×2した値段が合計金額となります。また、基本的に2人で泊まるために設定されているダブルですが1人で泊まることも可能です。途中で宿泊する人数が1人増えた場合は本来の2人用の宿泊料金を支払えばよく追加料金などが発生することはありません。この場合は1人用のシングルに泊まるよりは高くつきますが2人でダブルに泊まるときよりも安く済みますのでゆったりと宿泊して過ごしたい際は用いられることがあります。類似語にツインとセミダブルがありツインは1人用ベッド(横の長さが1000mm前後×縦の長さが1950mm前後)が2台設置してある部屋に2人泊まることを指します。セミダブルはダブルよりも一回り小さなベッドが1台置いているルームのことで一般的に大人と子供が泊まるため作られているルームとなっています。セミダブルベッドは横の長さ970mm前後×縦の長さ1950mm前後のベッドのことで大人2人で寝るには狭いサイズとなっています。そのため少しでも節約がしたいばかりにセミダブルの部屋を予約してしまいトラブルになってしまうケースが多々あります。金額はセミダブル→ダブル→ツインの順で高くなっていきます。日本以外の国ではこの限りではなくツインの場合でもダブルベッドしか置いてない部屋もあります。また、ダブルとツインのプランの金額差がないホテルも存在します。英語でツインのプランのことを「Twin-bedded room」ダブルのプランのことを「Twin bed」と言い回しを変えます。なので、事前予約の際に注意が必要になります。英語でダブルは2人用という意味です。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる