宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

チーフエンジニアとは

チーフ・エンジニアとは、船の航行になくてはならないエンジンや、電気の発電など、船で使われるあらゆる機器の管理、メンテナンスを行う「機関部」の統括を行う機関長のことを言います。機関長はキャプテンと一緒に乗組員や、乗客の命を預かる仕事をしていると言っても過言ではありません。ちなみに、船の中では、階級を表す肩章が使われますが、機関長はキャプテンと同じ、金色4本線になっています。線の間の色が、キャプテンは海を表す黒、機関長は、油を表す紫になっています。クルーズ船で行われる、キャプテン主催のパーティでは、必ず船のスタッフとして紹介されます。機関長の元で直接働く一等機関士は船の心臓部に当たるモーター、二等機関士は発電や、舵、三等機関士は、船での生活に必要なボイラーや冷凍庫などの管理します。そして、その下には、機関士の指示のもと実際に点検・修理・整備を行う操機長、操機手、操機員がいます。機械に何らかのトラブルが発生した場合、機関士はトラブルを解消するために、作業計画を立ててから、作業にあたります。機関長は、その計画がトラブルを解消するのに十分な案であるか検討し助言をしたり、時には一緒に作業することもあります。常に、キャプテンとのコミュニケーションを図り、安全な運航のために天候や気温の変化にも注意を払っています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる