宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ツアーオペレーターとは

旅行者が現地で必要となる手配事項などを一手に引き受けているのがツアーオペレーターです。かつてはランドオペレーターと呼ばれた時代もありましたが、陸上にまつわることだけでなく、航空券の手配も行うことからツアーと呼ぶ方が広がりました。パッケージ旅行の企画や販売は旅行会社が行いますが、現地到着後の送迎の段取りやホテルの予約、観光に必要な移動手段やガイドの手配、現地ツアーやレストランの手配といった業務を任されています。かつて大手旅行会社は海外に子会社を持ち、自前で手配を行っていたこともありますが、経費削減等の理由でツアーオペレーター業者に委託することが増えています。また、最近ではツアーオペレーター自体が旅行業者として登録し、個人旅行者向けに旅行を企画し、ホテルや観光の手配をするなど、旅行業者との明確な線引きは徐々になくなってきています。
ツアーオペレーターは現地国に住み、その地域の観光や地理のことを知り尽くしたプロフェッショナルです。よって日本人が担当することもありますが、現地育ちで日本語を話せる人が雇われていることもあります。
その仕事内容は旅行中の多くの場面で必要となるものばかりです。例えば、ホテルの予約は旅行会社に希望のランクや好みなどを伝えて申し込みますが、実際の予約はツアーオペレーターが担当します。与えられた情報の中から最も適切なホテルを割り出して確実に手配します。また、海外の予約サイトからホテルの部屋を取った場合も、実際にホテルへ情報提供したり手配を行うのはツアーオペレーターの仕事です。
旅先でホテルまで移動するためのバスに乗車した際、同乗した現地の人から簡単な挨拶とその国で過ごすための注意事項などのレクチャーを受けた経験がある人も多いと思いますが、その人達はツアーオペレーターが所属する営業所、もしくはそこから派遣された現地スタッフです。よって、旅先で直接お世話になるのは現地スタッフであることが多いですが、ツアーオペレーターは時には裏方として、バスや車などの移動手段が適切であるか、安全性に問題はないかなどをきちんと調べあげ、現地ツアーの移動距離や行程に無理がないかなどを考慮し、必要と判断すればドライバーを増やしたり、行程を変更することも行います。出発前に食事の予約を入れておきたい場合は人数や好みに応じたレストランを手配してくれますし、現地で変更や追加などが出た場合は現地スタッフ経由で安全なお店を紹介してくれます。このように、ツアーオペレーターは現地スタッフと二人三脚で安全かつ快適な旅を送れるように旅行者を支えてくれています。
ただし、ツアーオペレーターは長らく国や自治体への登録の必要が無かったことから、一部の心ない業者による不正やトラブルが表沙汰になることも増えてきました。2016年1月には軽井沢スキーバス事故で15名が犠牲となりましたが、行き過ぎた価格競争の果てに安全運行に支障のあるバス業者を選択してしまったことが事故の一因でした。これ以外にも、土産物屋と共謀して旅行客に高額商品を買わせてキックバックを得たりするような不適切な行為が次々と発覚したことから、観光庁は2018年1月よりツアーオペレーターを登録制にし、不適切とみなされれば業務改善命令や登録の取り消しといった厳しい措置を行えるようにしました。旅行業者側も無登録のツアーオペレーターと取引した場合は処分の対象となりました。
これまで登録制で無かった理由は、旅行業法ではツアーオペレーターはお客と直接契約を結ばない関係なので規制の対象外だったからです。業界の自助努力だけでは改善の見込みは薄いと判断されたことになりますが、登録制への移行によってその存在が改めて注目を浴びることになりました。旅行客が安全で満足した旅を送るために欠かせない仕事になっています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる