宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ツインルームとは

ホテルにおける客室タイプ分類のうち、基本的に2名での利用を前提として、シングルサイズのベッドが2台、あるいはダブルサイズのベッド2台が設置された客室は、ツインルームと呼ばれます。
シングルやツイン、ダブルといった表現は、日本国内のホテルにおいては、客室に備えられたベッドの形態がそのまま客室カテゴリー名となって一般に定着したものですが、外国のホテルでは利用客の人数を表すために使われることが多い表現です。よって、海外においてはツインルームを予約したつもりが、ホテル側は単に2名用の部屋として捉えている場合があり、また、一部の国や地域では2名用客室といえども、大きなサイズのベッドに2人で寝るタイプの部屋が一般的といったケースもあるため、いざ部屋に入ってみたら、大きなベッドが1台、部屋の真ん中にドーンと置かれていて驚いたということは往々にしてあることです。
「ベッドが2台備えられている客室」を間違いなく予約したいのであれば、「twin-bedded room」(ツイン・ベッディッド・ルーム)あるいは「two-bedded room」(ツー・ベッディッド・ルーム)といった言い方を用いるのがベターです。 ただし、海外でも、日本人旅行客が多く訪れる観光地などでは、「ツインルーム」と言って通じる場合もあります。
なお、ダブルサイズのベッドが2台ある客室タイプの場合「double double room」(ダブル・ダブル・ルーム)、または「twin double room」(ツイン・ダブル・ルーム)と呼ばれる場合もあります。海外のホテルの宿泊料は、泊まる人数には関係なく1部屋毎に設定されている場合が多いので、こういったダブルサイズのベッド2台の部屋に、たとえば子ども連れの家族など3~4人で宿泊することも可能です。
1名のみでの利用を前提とした客室の設定が一般的とはいえない海外のホテルでは、ひとり旅などで1人だけでホテル滞在をする際、ツイン仕様の客室を1人で使う形になる場合がありますが、そういったケースを「ツインルームのシングルユース」といいます。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる