宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

デパーチャー クリーニング フィーとは

コンドミニアムやアパートメントのような滞在型の宿泊施設を利用したときに請求される部屋の清掃料金のことです。チェックアウト時の部屋鍵の返却とともに支払うことが多いですが、予約時に込みの料金で支払えるところもあります。コンドミニアムとアパートメントについて少し補足すると、共通するのはどちらも日常生活に必要な家電や設備が整った複数の部屋からなる物件のことですが、リゾートにあるものをコンドミニアム、都市部にあるものをアパートメントと呼び分けられています。
これらは長期間の宿泊を行う旅行客らに良く利用されますが、通常のホテルとは違い、滞在中はルームサービスやベッドメイキングなどの清掃は行われませんし、キッチンを利用して調理をしたりパーティーなども出来るため、汚れが出る箇所も増えやすくなります。そのためチェックアウト後に専門スタッフが部屋の清掃をすることになります。よって滞在期間が長くなると宿泊者自身で掃除を行うこともありますし、そのために必要な掃除機やモップなど清掃用具も揃っています。
デパーチャークリーニングフィーは滞在日数に関わらず、部屋の広さ(ベッドの数)によって決められていることが多いです。
ハワイにあるASTON SHORES AT WAIKOLOAというコンドミニアムでは、1泊3万円台後半の2ベッドルーム(約120平方メートル)にかかるクリーニングフィーは2万円弱ほどかかります。コンドミニアムはホテルより遥かに広い客室を割安の宿泊料金で借りられるメリットがありますが、宿泊料金以外にもクリーニングフィーの金額や適用条件も調べておくと良いでしょう。更にはチェックインフィー、追加人数チャージ、そしてハワイの場合なら1泊1部屋当たりの州税も加算されることも考慮する必要があります。
また、一般のホテルにおいても、宿泊客による過失やホテルの約束事項を守らなかったことによって生じた清掃については別途クリーニングフィーを請求されることがあります。具体事例としては禁煙内の客室で喫煙をしてしまい、シーツが傷んだり匂いが残った場合などが該当します。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる