宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

デューデリジェンスとは

デューデリジェンスは元々は法律用語であり、企業が証券を発行するときに開示した情報が証券取引法の基準に合っているかどうかを精査する際に使われた言葉です。現在では企業が吸収合併や事業再編をする時や不動産売買をする時に対象企業や不動産に対して、果たして本当に適正な投資であるのか、その価値があるのかを判断するために行う詳細な事前調査のことをいいます。調査対象項目としては「財務(決算時の財務データ)」「ビジネス(商品やサービス)」「IT(情報システム)」「人事(人事制度など)」「税務(税務上の問題等)」の5項目が主なものになりますが、ホテル事業の売買の場合は「物的なもの(土地や建物など)」「法的なもの(権利や契約関係など)」「経済的なもの(マーケットや収益性、競争力など)」に特化して調査が行われることが多いとされます。実際にこれらを行うのは公認会計士や弁護士または経営コンサルタントになり、専門的な知識や法律的な観点で適正に評価をしていきます。企業M&Aの実施の際にはたとえM&Aに前向きであっても、この調査の結果次第で変更したり中止したりすることも起こり得るため、M&A条件の決定と可否を決める重要な最終決断の材料となる作業であるといえます。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる