宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

トラベルカウンセラー制度とは

トラベル・カウンセラー制度とは、一般社団法人日本旅行業協会のJATAが主催する資格制度です。インターネットが普及して以降、誰もが旅行に関する情報や知識を簡単に得られるようになったことから、旅行者のニーズや旅行スタイルはますます多様化しています。こうした背景を踏まえて、莫大な情報量の中からも的確に旅行者の要望に応える知識や技能習得の為に、このトラベル・カウンセラー制度が誕生しました。
この制度は3つの資格に分かれていて、販売実務や旅行地理、またコミュニケーションスキルを学ぶ「トラベル・コーディネーター」、人気のある8つのエリアから学びたい地域を選び、一般観光からビジネストラベルまで幅広く対応出来るよう、そのエリアの特性や知識を習得する「エリア・スペシャリスト」、クルーズや世界遺産巡り、ウェディングなど専門的な分野を学び、旅行者の目的やテーマに沿って対応する為の「テーマ・スペシャリスト」があります。
資格取得に必須な学習から修了試験までを全てWeb上で行えるので、パソコンさえあればいつでもどこでも受講や受験が可能です。試験に合格し、それぞれの資格に関した規定要件が満たされると認定されます。ただ、テーマ・スペシャリストは2015年で新規の受講受付は修了してしまっているので、新たに資格を取得する事は出来ません。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる