宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

トリプルルームとは

ホテルにおける客室タイプ分類のうち、1つの部屋に3人一緒に宿泊できるよう、シングルベッドが3つ置かれた客室のことを「トリプルルーム」(Triple Room)といいます。ただし、これは日本国内でのみ通用する独特の用語感覚であることに注意が必要です。日本国内では、トリプルルームと称するシングルサイズのベッドが3つ備えられた客室を用意しているホテルもたくさんありますが、海外のホテルにおいてはあまり一般的な客室タイプではないのです。
シングルやツインやダブル、トリプルといった表現は、日本国内のホテルでは、客室に備えられたベッドのサイズや数を表す言葉がそのまま客室カテゴリー名として定着した用語ですが、その一方、外国のホテルでは利用客の人数を表すために使われることが多い表現であり、トリプルルームと聞けば、ホテル側は単に3名宿泊できる部屋としてだけ捉えていることが多いです。国や地域にもよりますが、海外では、大きなサイズのベッドに2~3人で寝るスタイルの部屋の方が一般的といった場合もあるため、トリプルルームで予約をしていたつもりでも、部屋に入ってみたらキングサイズのベッド1台に枕が3人分置いてあった、またはダブルベッドが2台ある部屋に3人で通されたというようなこともよく聞かれます。
外国のホテルでは、日本でいうトリプルルームのような客室は用意がない場合が一般的なため、どんな風に3人で寝ることになるのか気になる場合は、予約する際に、客室内のベッド事情についてホテルに確認し、もし必要であれば、エキストラベッドの搬入を要望するなど、事前にホテルとよく相談をしておくと安心です。
なお、エキストラベッドは、有料で、1泊いくらという形で請求される場合が普通です。また、ホテルによっては、部屋が狭くなりすぎてサービスの低下につながる、または緊急避難時に支障が出るなどの理由から、エキストラベッドを入れてほしいというリクエストが拒否される場合もあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる