宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ハッピーアワーとは

レストランやバー、パブなど、飲食店の多くでは時間帯によって利用客が少なくなるアイドルタイムがありますが、アイドルタイムに利用客を呼び込むために設けられた、ビールやワイン、カクテルなどのアルコール飲料を割引価格で提供するサービスタイムのことを「ハッピーアワー」といいます。
ハッピーアワーは、たいていの場合、平日のランチタイムとディナータイムの間の時間帯である、午後3時または午後4時など夕方早い時間から午後7時ぐらいまでの時間限定で設けられていますが、クラブなど深夜から混み合うような店では午前0時までハッピーアワーなどという設定になっている場合もあります。また飲食店の種類によっては平日だけでなく、土曜日、日曜日、祝日も同じようにハッピーアワーを設けている場合や、レストラン内のバーエリアだけは時間帯の縛りなく終日ハッピーアワーといったお店もあります。
ハッピーアワーのサービスを行っている飲食店では、店の前にハッピーアワーの開始時間と終了時間、割引サービスの内容などを記載した看板やのぼりを分かりやすく出していることが多いです。
ハッピーアワーは、アルコール類の代金が割引になるという場合が一般的ですが、ヨーロッパなどでは、国によってはアルコール類の価格割引が禁じられているなどの事情もあり、価格の割引は行わない代わりに飲料の量を増量サービスして提供したり、または、アルコール飲料の価格はそのまま変えずにつまみを無料サービスで提供したり、アルコール飲料の価格に少しプラスするだけで軽食が食べ放題サービスになったりと、様々な形態が見られます。
「ハッピーアワー」という言葉は、1920年代に、アメリカ海軍の兵隊たちが軍に帯同している間に限られた時間で与えられる娯楽を楽しむ時間をこう呼んだところに語源があるといわれており、その後、1960年代から現在のような「飲食店において料理や飲料を割引価格で提供するサービスタイム」という意味で一般的に使われるようになったといいます。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる