宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

バカンスとは

バカンスはフランス語で、主にフランス人の長期間にわたる休暇を意味します。もともとは、何もないつまり「空っぽ」を意味していました。
19世紀において、バカンスは貴族やブルジョワ階級といった身分の高い者が何もしないで過ごしている時間のことを指していました。20世紀に入り社会主義政党が実権を握ると、貴族だけでなく、労働者階級にも快適に過ごせる時間を与えようという認識のもと法律を整備し、バカンスが一般的なものになっていきました。1936年に法律で2週間のバカンスが認められると、以後少しずつ期間がのびていき、現在の5週間になりました。現在のフランスの法律では、5週連続までの休暇が認められています。フランス人にとって仕事は人生の一部でしかなく、仕事以外でさまざまな刺激を受け人生を楽しむことが大事であると考えられています。そのためバカンスがあるのは、人として当たり前の権利だと主張します。バカンスは上記のような歴史的経緯と認識があるため、フランス人はバカンスを「ゆっくり休んで人生のエネルギーを補充する期間」と認識しています。フランス人にとって、旅行があちこちまわって観光を楽しむものなら、バカンスは田舎などに滞在して家族でゆっくり休むものです。労働者から経営者まで身分や階級に関係なく、多くのフランス人が夏にバカンスをとります。海沿いのリゾート地で優雅に過ごす人もいれば、北に住む人と南に住む人が互いの家を交換し、そこでバカンスを過ごすという人もいます。また、山のコテージやキャンプ場に家族で長期間過ごすという人もいます。多くのフランス人がバカンスを取得する夏の時期には、さまざまな箇所で交通渋滞が起きます。そのため夏の時期になると、ラジオで頻繁に交通情報を流すようになります。フラン人は冗談めかして「民族大移動」と表現しています。また、長期間一か所に滞在する場合には、男女が出会ってラブロマンスに発展することもあるようです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる