宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ベビーコットとは

ベビーコットとは、ベッドクリフとも呼ばれる、赤ちゃんを収容するベッドのようなものです。ベビーベッドとの違いは、大きさです。ベビーベッドは床板(内寸)が120×70cmなのに対し、ベビーコットは60×70cmと半分の大きさです。ベビーベッドの標準サイズの敷布団を半分に折ったサイズになります。ベビーベットをそのまま縮小したようなもの、布製で持ち歩きできるもの、車輪がついて移動できるタイプのものなど、様々です。産婦人科病棟で使われる、赤ちゃんが寝ているベッドもベビーコットと呼ばれます。ホテルにベビーを連れて宿泊する場合、ベビーコットの貸し出しをしているところもあります。数に限りもあるので、料金も含めて確認することをお勧めします。

ヨーロッパではベビーコットと呼ばれており、アメリカではベビークリブと呼ばれます。最近では多くのホテルで宿泊客の希望に応じて貸出しをしています。一般的なベビーコットは落下防止用の柵の一部が開閉し、足にはキャスターが付いていて動かせるようになっているのが特徴です。必要に応じて親御さんのベッドの脇に並べ、授乳などのお世話がしやすいよう工夫されています。折りたたみ式になっているものや、柵の代わりに布で覆われているもの、高さ調節が出来るものなど、その種類は様々です。無料で貸出してくれるホテルもありますし、2千円前後の費用がかかる場合もあります。ただし貸出し出来る数には限りがありますし、部屋の種別や広さによっては使えないこともありますので、利用する場合は宿泊予約時に予め申し出ておくと確実です。ベビーコットが置けない客室の場合は、代替策としてベッドガードの設置で対応してくれるホテルもありますし、折りたたみ式の布製バシネット(乳児用ベッド)を持ち込むという手段もあります。 ディズニーリゾート周辺のホテルは、赤ちゃん同伴のご家族連れも安心して行楽を楽しめるよう、積極的なサービス展開をしています。ベビーコットやベビーカーの無料貸出しや、キッズルームの設置、離乳食やおむつの販売を行っているホテルもあります。

構造としては赤ちゃんの落下防止のために柵があり、上から中の様子が見えるものになっています。タイプには家庭で使用するベビーベットのような丈夫なものから、折りたたみ式の簡易的なものまでさまざまな種類があります。また無料で貸し出してもらえることが多いですが、有料の場合もありますので利用したい場合は事前の確認が必要です。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる