宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ホームステイ型民泊とは

「ホームステイ型民泊」とは、住宅宿泊事業法によると、「家主居住型」との定義がなされています。家全体を貸し出すスタイルではなく、家主が居住している状態で、空き部屋などを貸し出すタイプの民泊といえます。
一般的に「ホームステイ」の形では、自宅に外国人留学生を宿泊させ、衣食住を共にすることで、異文化交流を図ることを目的としていることが多く見受けられます。この「ホームステイ型民泊」も同様に、民泊への投資により利益を得るというよりも、宿泊してくれる外国人のゲストとの異文化交流を目的とすることが多いのです。「外国人との異文化交流をぜひやってみたい!」という方におすすめの民泊の運用方法です。
住宅宿泊事業法のもとでは、「ホームステイ型民泊」であっても、営業するには届け出が必要であり、年間営業日数は「180日まで」と定められています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる