宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ミッドナイトチャージとは

ホテルへのチェックインは、通常、14時以降、15時以降といった時間帯に受付が開始されるホテルが多いですが、フライトが目的地に深夜遅い時間に到着したような場合に、深夜から早朝にかけての時間帯にホテルにチェックインすることをレイトチェックインといい、レイトチェックインをした場合に発生する客室使用料のことを「ミッドナイトチャージ」といいます。「ミッドナイトチャージ」(Midnight Charge)とは英語で、「真夜中の料金」という意味になります。
ホテルへの到着が夜中過ぎになり、レイトチェックインをしたような場合は、実際に客室を利用できる時間は、数時間程度になることもあり得ますが、その場合でも、ホテル側としては1つの部屋を一晩、他の宿泊客が入らないように押さえているという事情もあることから、その客室1泊分の料金がまるまるミッドナイトチャージとして請求されることが普通です。
朝早い時間にフライトが到着する場合などに、チェックインタイムより早くチェックインして部屋で休めるようにと、アーリーチェックインを要望する場合も、ホテル側としては前夜から宿泊客を入れずに1部屋を押さえておく必要があるという事情から、レイトチェックインの際のミッドナイトチャージと同様、前日からの1泊分の客室料金が請求されることが多くあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる