宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ラックレートとは

ホテルの客室料金の正規の料金(定価)のことです。正規料金を印刷したパンフレットがラック(棚)に入れてあることが呼称の由来です。単に料金表という意味で「タリフレート」と呼ばれることもあります。ホテルに電話などで客室料金を問い合わせた場合に伝えられる価格や、パンフレットなどに記載されているのもこの価格になります。そのためラックレートの高低がそのままホテルの格付けやランクを示すともいわれ、特に初めて訪れるような海外のホテルなどでは安全の指標となることもあります。ただし現在では正規料金に対しての割引率を宣伝文句として活用したり、実際の予約の際にも様々な割引などのより正規料金より下げて販売をする傾向にあるため、ラックレートは割引前の価格という意味合いが強くなり、実質的には最も需要が高いときの料金(上限)という位置づけになっています。そのためホテルによってはラックレートを廃止するというホテルも増えてきています。これは上限を無くすことによって利益を取りやすくする(増収)のための経営戦略といえます。またリゾート地域などでは正規料金を季節ごとの需要に合わせて設定するなどの変動性を持たせているところもあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる