宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

リロケーションとは

直訳すると移動とか再配置という意味になりますが、ホテル用語として使われるときは、何らかの理由で予約していた客室が使えなくなった時に別の客室に変更することをいいます。他にも別の意味としてリロケーション事業などの言葉もありますが、こちらは転勤者の留守物件を一定期間レンタルする意味して使われます。以降の説明はホテル用語で使われる客室変更という意味でのリロケーションについてです。
リロケーションが発生するのはオーバーブッキングや急な改装工事などホテル側の都合や過失であることが多いため、無料で予約時よりも上級の客室に変更して貰えることが多いです。空きが無い場合は下位グレードに変更して差額分を返金という形になることもあります。仮にホテルの客室がすべて埋まっているときは、最寄りの同系列施設もしくは他社の客室を紹介してくれます。変更の際はフロントとやりとりをする必要がありますが、海外で言葉が通じにくいなどの不安があれば、旅行代理店に相談して仲介してもらうのも良いでしょう。ホテル都合の場合はもちろん予約そのものをキャンセルすることも出来ますが、繁忙期であれば近隣のホテルも満室状態である可能性が高いため、新たに自分で予約を取り直すことが困難になりますので十分留意して下さい。
万が一、地震や大型台風などの自然災害でホテルや近隣施設に大きな被害が生じた場合には、差額分が自己負担になったり、リロケーション自体が出来ずにキャンセル扱いになることもあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる