宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ルームアサインとは

ルームアサインは、ホテル用語のルームアサインメントの略称で「部屋割り」のことを指します。ルーミングと呼ばれることもあります。主にフロントやクラークがその業務を担当します。ルームアサインのタイミングは宿泊客の到着前夜に行う場合と、チェックインの時に行う場合とがあります。前夜に行う場合は事前に準備が必要な団体客や特別なお客様(VIP)の時がほとんどです。それ以外の宿泊客の場合は前夜に仮の部屋割りをすることも無いこともありませんが、実際にはチェックイン時に臨機応変に部屋割りを決めています。その基準は、到着順、宿泊プランの高い順、女性客、カップル、連泊客、お年寄りや障害者、外国人などの状況をみて適宜割り振りを行います。また最初からクセのある宿泊客(うるさいなど)であることがわかっていればクレームを避けるためにその客の部屋の周りを空室にしたりするなどして他の宿泊客に迷惑がかからないような部屋割りをすることもあります。宿泊者数が少ない場合には部屋割りをしないフロアをつくって、そのフロアの電気の照明を落とすことにより電気代を削減するといったことも行うこともあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる