宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーとは、若者が旅行目的で海外に長期滞在しながら、その間の生活費の足しにするために現地で働ける権利を得るための特殊なビザのことです。早い時期から海外経験を積むことで、国際人として成長してもらうことを目的としたものです。仕事や留学目的では無い点が他のビザと異なります。その代わりに、例えば就労ビザでは行えないアルバイトなど単純労働の仕事が出来ます。取得するには年齢制限があり、行き先国によって多少異なりますが概ね18歳から30歳までとされています。そして、同じ国に2度は行けないというルールもあります。滞在期間は国によりますが、1~2年が中心です。世界のどの国でも行けるわけではなく、これについて協定を結んでいる国に限られます。その歴史は古く、1980年のオーストラリアから始まり、2018年のリトアニアまで、20カ国以上から選ぶことが出来ます。2018年現在は、カナダ、ニュージーランド、フランス、韓国、ドイツ、アルゼンチンなど20カ国の国で可能となっています。2国間の話し合いで決まるワーキングホリデーは、相手国の青少年も日本へ来ることが可能です。アジアでは韓国や台湾、その他の地域ではヨーロッパを中心に、北欧、南米と世界各地に及びます。
最初の時期はどうしても語学力が足らずに現地でのコミュニケーションやアルバイト先で困る人が多いのが現状です。よって、留学目的ではありませんが、最初の数ヶ月は語学学校などに通うことは認められています。実際のところワーキングホリデーの前半に語学力を付け、後半に生活を補うために働くというスタイルの人が多いようです。
必要な費用については、旅費はもちろんのこと、語学学校に通う場合はその費用が必要です。海外旅行保険も欠かせませんし、数ヶ月分は生活出来る資金が必要です。なぜならその目的上、出発前から仕事先を決めておくことが出来ないため、しばらくの間はほぼ無収入状態になるからです。相手国の物価にもよりますが、現地でアルバイト収入が得られたとしても、出発前の準備金として少なくとも100万円以上は用意しておいたほうが良いでしょう。費用を抑えるポイントとしては、混雑する時期を避け、航空券が比較的安く取得出来るローシーズンを狙うことです。近年ではお正月明けから2月末頃までと、4月初旬からゴールデンウィークの前までが該当します。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる