宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

入湯税とは

入湯税は入湯客が鉱泉浴場に入る際に課される税金のことであり、鉱泉浴場が所在する市町村が課す地方税です。
徴収の目的としては、環境衛生施設、鉱泉源の保護管理施設および消防施設その他消防活動に必要な施設の整備ならびに観光の振興および観光施設の整備に要する費用に充てることになります。
例えば、温泉街の施設が老朽化して改築工事が必要となった場合入湯税から改築費用の一部が補填されるケースがあります。施設運用者にとっても入湯客にとっても施設を維持するために必要なお金と言えます。
標準税率は、1人1日150円です。1950年は10円でしたが、1953年に20円、1971年に40円、1975年に100円と徐々に値上がりされ、1978年に150円となって以来、現在の標準税率となっています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる