宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

文楽とは

文楽とは、大阪で始まった日本の伝統芸能である人形浄瑠璃のことを言います。江戸時代の最盛期にはいくつかの興業元がありましたが、時代とともに人気が薄れ、最終的に残ったのが文楽座であり、文楽とも呼ばれるようになりました。江戸時代初期に、以前よりあった三味線を伴奏楽器として太夫が詞章を語る浄瑠璃に、人形が加わって始まったとされています。
文楽は、太夫と呼ばれる詞章を語るもの、三味線を弾くもの、人形を動かす人形遣いの3つの役割によって成り立っています。太夫は、一人で声音を変えたり、話し方の抑揚を変えて情景、登場人物のセリフ、心情までこなします。重厚な音色が特徴の棹の太い三味線が使われ、太夫と三味線が心を合わせ一体となって場面を作り上げていきます。人形遣いは、一人で操っていた時代もありますが、現在は、一体を黒子衣装に身を包んだ3人で動かしています。主遣いと呼ばれるメインが首(かしら)と右手を担当し、左手を左遣い、足を足遣いが担当します。文楽の人形は年々改良を加えられたと昔の文献に残っており眉毛や、目、指先も動かせるようになっています。現在、人形はかしらの部分と衣装の部分に分かれて保管され、その役割ごとに衣装や、髪型、小物などを変えていきます。これを人形揃えと言います。人形は人間の3分の2ほどの大きさが有り、重さも10キロを超えるものもあります。
文楽は歌舞伎のように、男性のみ携わることができます。2003年に、ユネスコの世界無形遺産に登録されました。主に大阪にある国立文楽劇場と東京の国立劇場で公演されています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる