宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

最少催行人数とは

最少催行人数とは、旅行会社がパンフレットやインターネットなどで募集するパッケージツアーを実施するのに必要な最低人数のことを言います。もし予約人数がこれに達しない時には、旅行会社は旅行を中止出来る権利がありますが、予約客へは前もって連絡することが義務づけられています。国内宿泊旅行の場合は、出発日の前日から逆算して13日目(日帰りの場合は3日目)にあたる日よりも前であること、海外旅行の場合は23日目(ハイシーズンは33日目)よりも前である事が決められています。最少催行人数は少なければ少ない程中止の確率は低くなりますが、その分旅行代金が上がってしまい、逆に最低人数が多いと旅行代金は安くなりますが催行中止の確率は上がってしまうので、人数設定は旅行内容によって慎重に決める必要があります。
この最少催行人数の設定が必要だったのは、旅行会社が採用していた運賃規定が背景にあります。パッケージツアーを企画するにあたって、IT運賃という航空運賃に宿泊や送迎、観光などがセットになった包括運賃が主流で、以前は団体旅行にのみ適用されていましたが、個人旅行の人気が高まると旅行者1名でもこの包括運賃の利用が可能になりました。最近では、最低催行人数1名のフリープラン型パッケージツアーが人気を呼んでいます。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる