宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

民泊影響稼働率とは

ホテルや旅館のような宿泊施設の稼働率が民泊の影響をそのくらい受けているかの指標を指します。人工知能を用いた宿泊施設向けレベニューマネジメントツールを作るメトロエンジン株式会社が発表した、民泊実稼働数(A)÷ホテル客室数(B)で計算される指標です。(A)は該当エリアの民泊物件数×民泊稼働率、(B)は該当エリアのホテル客室数(ビジネスホテル・シティホテル)です。日本を訪れる外国人観光客の増加や住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行で民泊事業は大きく期待されています。ホテルや旅館など宿泊事業を行う企業にとって、民泊が広まることでホテルの運営にどのように影響がでるのか判断することが困難であるため、メトロエンジンは独自で所有する国内民泊ビックデータをもとにこの指標を発表し、ホテルの稼働率がどのくらい民泊に影響を受けているかを判断できるようにしました。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる