宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

DMOとは

DMOとは、観光コンテンツのみならず、自然・食文化・風習・芸術などをはじめ、その地域にある資源を活かし、持続性と戦略性のある観光地経営を行う組織(または機能)を指す言葉で、もともとは欧米で発祥した観光地経営の概念である。
日本においても、90年代後半からの国内観光市場の低迷、外国人観光客の増加に伴う受入れ態勢の遅れやマーケティング、プロモーションの見直しなど、地域観光の課題に直結する課題解決概念として注目され、”日本型DMO”として観光庁により独自の定義がなされている。観光立国推進基本計画(2017)の中でも、オリンピックイヤーとなる2020年までに、全国で100組織の世界水準DMOの形成が目標とされている。地域においては、旧来、「観光産業は観光事業者が行うもの」と考えられているが、牽引する組織を中心に、地域が一体となって観光に訪れる人々をもてなす仕組みづくりと言い換えることができる。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる