宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

OCCとは

”売れた客室の数”を”総客室数”で割った数値のことで、いわば客室の稼働率を意味します。OCCはもちろんそれ単体でも意味のある指標になりますが、ADRやRevPARと組み合わせて使われることが多いです。ADR(平均客室単価)は売れた客室あたりの販売単価で、RevPARは全客室あたりの販売単価を意味します。ADRは売れた部屋だけで計算されるのに対して、RevPARは売れなかった部屋も含めての数値であるところが大きな違いです。よってADRでは売れた部屋がどれだけ効率的に利益を上げたかを知ることが出来ます。例えば人数貸し(お一人様あたりの宿泊料金設定)の場合、1部屋を1名で借りる場合と3名で借りる場合で部屋の売上は後者のほうが大きくなります。よって、お二人様以上限定などの宿泊制限をかけることでADRを上げることが出来ます。すなわち売れた1部屋あたりの儲けを増やすことが出来ます。一方のRevPARは全客室あたりになるので、売れなかった部屋が多ければ数値は当然低くなります。よってRevPARは宿泊施設全体として利益が出ているかどうかが分かりますし、同業他社と収益状況を比較する際にも便利な指標となります。
ADRとRevPARは簡単な相関があり、OCCを使うことで容易に変換することが出来ます。「ADR x OCC = RevPAR」となります。この関係式によって、例えば業界紙などでADRとOCCの情報しか掲載されていないホテルの場合でも、掛け算でRevPARが容易に求められ、収益状況を比較することが出来るのです。
RevPARのコントロールは宿泊料金を安くしてOCCを上げても良いですし、逆にOCCを減らしても1部屋当たりの宿泊料金を上げることでも見た目上は同じ数値に到達出来ます。しかし、OCCが上がり過ぎると施設内が混雑し、高級感を求めるホテルなどではマイナスの効果に繋がる可能性がありますし、逆にOCCが下がり過ぎると、宿泊客が少ないためにホテル内の飲食店などの施設の売上に影響してきます。よって、他社との比較に用いる際は単にRevPARの数値を追うだけではなく、自社のホテルをどういった方向性で売り出すかといった戦略も必要になります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる