宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

アーリーチェックアウトとは

アーリー・チェックアウトとは本来の退室予定時刻よりも早い時間にチェックアウトをすることを称します。また朝早い時間や夜中の間にチェックアウトすることもアーリー・チェックアウトといいます。お客様の予定上どうしても早い時間帯や深夜1~4時の間に退室を済ませてしまわなければ飛行機や新幹線などの公共交通機関の出発時間に間に合わないときにこのチェックアウト方法が用いられます。また、グアムから日本国内へ移動をする場合に用いられることが多くホテル業界の常識となっています。国際線の便が多い国際空港の周辺ではアーリー・チェックアウトが可能なホテルが多く存在し日本では成田空港や羽田空港、福岡空港、関西空港の周りにそのようなサービスを備えた空港が多くあります。事前の予約が必要な場合が多く対応していないホテルも存在します。またホテルによっては別途の料金を支払う必要のあるサービスです。ホテルによって対応はさまざまですが入室時にフロントにてアーリー・チェックアウトを受け付けるホテルや早朝にチェックアウトのためのキーボックスを設置しておりそちらへ部屋の鍵を投函することでチェックアウトの手続きが完了するタイプなどがあります。これは24時間スタッフが待機することでスタッフの待機時間の増加によるスタッフへの負担の軽減及び人件費の削減のためのこのようなシステムをとっています。最近では移動のためのアーリー・チェックアウトのほかに早朝から遊べるようにアーリー・チェックアウトのシステムを採用しているホテルも増えています。主に観光地周辺の駅の近くのホテルでこのようなサービスを提供しているホテルが増えておりこれはイベントなどの特需があるためです。その場合は朝食やお風呂などのサービスを省いていることが多いです。アーリー・チェックアウトを本来の宿泊サービスとは別のプランとして提供しているホテルがほとんどでその場合は宿泊のための料金が1割~2割ほど増します。海外でホテルに宿泊する際はフロント対応での遅延がとても大きいため本来の予定の時刻に間に合わせるためにアーリー・チェックアウトを用いられるお客様も多くいます。また対義語としてレイト・チェックアウトがあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる