旅館の仕事情報

旅館の女将の仕事/年収/女将になるには(方法)/給料/修行/心得

温泉旅館などで仲居さんともまた違った存在感を醸し出す旅館の象徴ともいえる女将。その女将は普段どういった業務を行なっているか、給料や雇用形態、求人情報について詳しく見ていきたいと思います。

この記事の見出し

旅館の女将の仕事内容を教えて

旅館の女将の仕事内容をざっくり言うと

旅館の女将は、旅館が自営なのか、親会社があるのかによって変わりますが、旅館の統括者、最高責任者といった職業に相当します。ホテルでいうと支配人・総支配人などのポジションが当てはまります。

女将としての仕事内容は、

  • お客様の接客、常連客やVIP客のおもてなし、お礼状作成や定期的な顧客へのDM作成などのお客様に関する業務
  • 従業員の採用活動、教育管理、定期的に研修などを行いサービスの質を向上・改善させるなどのマネージメント活動、シフトや休日に無理がないかなどの労務管理
  • 経理、コストカットや設備投資、旅館の経営方針の思案など旅館を経営する上での構想を練ったり事務処理業務
  • SNSやネット媒体や旅行雑誌などの媒体を利用した旅館の宣伝活動
  • 旅館が立地する観光地、温泉街の組合や女将の会の活動

など旅館に関係する事柄について全般の把握、管理、意思決定を行なうことになります。

 

女将としての仕事は着物を着て華々しくお客様をお出迎えする存在というイメージがある方も多いと思いますが、表立っての接客よりはお客様が快適に滞在でき、新規のお客様が宿泊先として選んでもらえるように旅館やサービスの質の維持・向上、従業員が働きやすい環境作りに努めている裏方業務が多い傾向にあります。

ですが、女将の方針や考え方によって、利益を追うために卓上での思案や日々旅館外に奔走して旅館自体にあまりいない女将もいれば、お客様のおもてなしや従業員のモチベーション持続のために常に旅館に待機し、他の従業員たちと一緒にお客様の接客や館内の清掃をしている女将もいます。

そのように自分自身でどのように行動していくか、どういった業務を従業員に任せるか/女将で対応するかを決めれる事や、経営方針やどういった設備にするかなど旅館にまつわる意思決定のほとんどが女将が行なえるという”経営者”としてのやりがいはとても大きいです。

しかしながら、不景気や自然災害、少子高齢化による深刻な人手不足などにより旅館の経営を持続させるには相当な労力や知識、発想力や行動力が必要となり、その女将の采配により旅館の業績は変化していきます。

最高責任者として旅館の存続、従業員とその家族の生活を守らなければならないプレッシャーは重く女将にのしかかります。

女将にはそういった最高責任者としての旅館・従業員を守るといった強い責任感、旅館の持続だけではなく変化をつけるためにジャンルを問わず学ぶという学習欲、行動力、意思決定をするための判断能力、旅館内外問わず不特定多数の人と日々接する為の高いコミュニケーションが最低限備わっており、またお客様に喜んでもらうことにやりがいを持てる方が向いているといえるでしょう。

旅館の女将ってどんな役割の仕事?

旅館の女将は、旅館の経営形態にもよりますが多くはその旅館の統括者、最高責任者といった存在です。

お客様の接客や顧客管理、従業員の採用や労務管理、旅館の経営・運営、広報、周辺旅館等の組合の活動など旅館を運営するにあたっての業務全般に携わる事になります。

女将は表立って接客する時間よりも裏方でのデスクワークや各部署との調整、従業員の管理などマネージメント業を主に行なっていることが多いです。

旅館の最高責任者としてお客様が快適に滞在できるよう、また新規のお客様が自身の旅館を宿泊先として選択してもらえるよう日々旅館・サービスの維持、向上、管理に努めている存在となります。

旅館の女将って具体的にどんな仕事や業務をするの?

旅館の女将としての仕事内容を詳しく見ていきます。

旅館を運営するに当たって重要になってくるのは従業員のマネージメントです。

従業員の募集、面接などの採用活動、採用した従業員の教育管理、サービス向上のための定期的な研修、シフトや休日などの労務管理を行ないます。

採用活動は求人を掲載する媒体の選定から応募書類の確認、面接を行い旅館にとって必要な人材の見極めをします。

採用に成功したら教育がスムーズにいくよう教育係の選定や経過を見守り、仲居やフロントの接客に関わる従業員の教育期間終了テストなどが設けられていたらそれに立ち会い、合否を判断することもあります。

また、たとえベテランの従業員であろうとサービスの質が低下しないよう定期的に研修やテストを行ない、従業員の質の持続・向上に努めます。

他、従業員のシフトに無理がないか、休日はきちんと取れているかなどを都度確認し、人手の補充や配置転換などの判断を下したり、従業員同士・部署間での軋轢がないかなどにも気を配り、働きやすい環境作りを心がけます。

女将の仕事はデスクワークも多くなります。

  • 旅館を経営するにあたり発生する経理などの事務仕事
  • お客様からのチップを回収し全従業員での分配を行う方針であれば、チップの回収、集計、分配業務
  • 宿泊客による旅館の口コミへの回答や対処
  • 宿泊プランの作成・管理
  • イベントの立案、実行の管理
  • 団体客や個人のお客様の予約の管理
  • 旅行会社との打ち合わせ
  • 顧客へのお礼状作成
  • 顧客のお客様へのDM送付などの定期的な連絡
  • 旅館の宣伝などの広報活動

など多岐に渡ります。

広報や事務員、営業の従業員がいる場合は、進捗管理、最終確認や決裁を出すかの判断をすることになります。

旅館宿泊の醍醐味であるお客様の夕食の献立は毎月変更したり、季節によって変更したりと旅館によって様々です。

調理場が時期の食材を使用して考えた献立を、お客様にお出しして問題がないかを最終的に判断するのは女将であることも多いです。

状況によっては試食会を開き、仲居やフロントのスタッフと料理試食を行ない、季節に沿ったメニューか、彩りや味付け、量はどうか、配膳はしやすいか等を総合的に判断し、料理の改善点などが出たら調理場へアドバイスして、お客様が満足する料理を提供できるよう各部署と協力して試行錯誤します。

他には、随時玄関やロビー、温泉施設、客室などの館内設備がきちんと整備されているかの確認や、従業員の服装や接客に問題はないか、お客様が快適に滞在できるよう館内に清潔感があるかや、お花などで華やかさが出るように気を配り、必要に応じて業者などを手配します。

お客様のチェックイン時間あたりにはロビーに待機してお出迎えも行います。

お客様の接客やお部屋案内は基本的には仲居が行いますが、常連やVIPのお客様がいらした時は、仲居に代わって女将が接客やお部屋案内を行いお客様のおもてなしをします。

夕食時には、宴会場や食事会場に伺い食事中のお客様に旅館の女将としての挨拶、旅館に来ていただいたことへの感謝を述べたりする挨拶回りを行う場合もあります。

旅館に関する業務以外にも、旅館が立地するエリアには旅館組合や女将の会などが存在する場合もあるので、そういったコミュニティに所属して他の旅館との連携を図ったり、旅館が立地する温泉街や観光地の維持や集客活動を行います。

このように女将の仕事は直接的な接客よりも、旅館の維持や今後を見据えた展開構想を練ったり、決裁者として旅館のスタッフから上がってくる設備の不備や旅館としてのお客様の対応について判断を下し、スタッフに指示を出す存在であることが多いです。

女将の業務も、採用などの人材関係の業務は人事を配置し任せていたり、事務関係の業務は事務員を雇ったりと各項目に専任スタッフを配置し、女将の業務を軽減させている場合もあれば、旅館の活気を出すためなどの目的で女将も接客や清掃の業務を積極的に行ない他の従業員と一緒に仕事をこなしている女将もいます。

旅館にとって女将はどういった存在なのかは旅館によってそれぞれですが、その女将の業務の采配をどのようにするかを決めるのも女将自身となります。

旅館の女将のやりがいや大変さはどんなところ?どんな人に向いてる??

旅館の女将のやりがいとして挙げられるのは、なんと言っても旅館のすべてを決めるのが女将であるということです。

旅館の設備から、料理や料金プラン、従業員や女将自身の業務内容も女将が決めることができます。

その分、女将の采配によって旅館の善し悪し、それによって旅館の経営状況が変わっていくといっても過言ではないので、旅館、従業員、その従業員の家族を守らなければいけない女将にとっては相当のプレッシャーになります。

また、不景気や自然災害、少子高齢化による人手不足など日々環境は変化していく中で、旅館の経営を持続していくのはとても大変です。

その為、旅館をただ持続させるのではなく、時代の変化に合わせた旅館の改革も時には必要であり、その案を練り実行に移すのも女将の仕事となります。

その事を踏まえ女将には、常にジャンルを問わず学ぼうとする学習欲、旅館や従業員を守るという責任感、お客様や従業員、周辺地域の地元の人たちとの交流に必要な高度なコミュニケーション能力が備わっている方、常に旅館のトップである事を意識し、旅館に必要か不要かを判断し決断・実行ができる、判断力・行動力が備わっている方には向いている仕事と言えます。

旅館の女将の年収/給料を教えて

旅館の女将の年収/給料をざっくり言うと

旅館の女将の給料は、女将としての経験がなかったり、女将見習いとして入社した場合は、年収300万円程度、月収20万円程度、時給換算で1,250円程度からスタートとしているところが多いです。

女将経験者や女将として勤めるのに高いスキルがある場合は、年収400万円以上からのスタートと提示している旅館が多いです。

女将の給与は旅館の規模やランク、自営なのか雇われている女将なのかでだいぶ差がでます。

女将の深夜・残業手当は、深夜に労働が発生した際は法に則った深夜割増賃金が発生します。

残業が発生した際の残業手当は管理職として雇用されていた場合は、役職手当や基本給に残業代込みとなっているため、支給がない場合もあります。

賞与・ボーナスは年1〜2回業績に応じて支給と規定されているところが殆どですが、年俸制の場合は、年棒の金額に賞与・ボーナスが入っているので支給はありません。

女将は旅館によって役職の定義が異なるため、給料や手当の有無などは旅館によって様々です。

女将として働く前にはしっかりと運営サイドと話し合いや交渉を行い条件を明確にしましょう。

旅館の女将の年収/給料は平均でどのくらい?

旅館の女将の給料は旅館の規模・ランク、自営なのか、雇われ女将かによって差があります。

女将見習いや女将としての実績がない場合の給料は、年収300万円程度、月収にすると20万円程度、時給だと1.250円程度からのスタートとなる事が多いようです。

女将経験者などのスキルがある場合の給料は年収400万円程度〜500万円程度、月収だと30万円〜40万円程度、時給だと1.800円〜2.500円程度の契約となることが見込めます。

自身で旅館を経営していたり、女将としての行動で旅館の業績がとても好調だった際は年収1000万円となる事もあるようです。

年収 300万円~600万円程度
月収・月給 20万円~40万円程度 ※賞与は別
日給 10.000円~20.000円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 1.250円~2.500円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

旅館の女将に手当(深夜・残業など)や賞与・ボーナスはあるの?

旅館の女将の手当ては旅館の方針によって変わります。

深夜労働が発生した際の深夜手当は法に則った割増がされ手当として支給されます。

残業手当は女将の職業柄、管理職として扱われている場合があります。その場合は役職手当や基本給が残業代込みである事が多い為、その場合は支給されません。

賞与・ボーナスは年1〜2回業績に応じて支給と規定されているところが多いですが、給与形態が年俸制の場合は賞与・ボーナス込みの年俸となっている為、賞与・ボーナスとしては支給されません。

旅館によって給料形態や残業代の扱い方、手当の有無は全く異なるので、応募や面接の際に後々の不満へと繋がらないように先方への確認、交渉をしっかりしておきましょう。

また、自営で旅館を経営する場合も給与形態は全く異なります。

旅館の女将の勤務形態や働き方を教えて

旅館の女将の勤務時間(労働時間)・休憩はどれくらい?

旅館の女将の勤務時間は6:00〜22:00間での実働8時間、休憩時間1時間としている旅館が多いです。

女将はお客様の状況、従業員の状況、旅館運営の状況に応じて対応する業務が流動的に変化します。つまり、女将の仕事はお客様や従業員の状況、旅館の運営に関する状況で対応する内容がその日その日で変わるので、出勤時間や休憩時間、帰宅時間、休日は女将自身で判断し、周囲に事前に告知をした上でスケジュールを立てていきます。

その為、出勤時間や勤務時間、休憩時間は女将自身でスケジューリングし、周囲に混乱がないよう知らせた上で勤務していくことが多いです。

旅館の女将の仕事に深夜仕事、残業、シフト、休みはあるの?

旅館の女将には、お客様の状況や旅館の状況、繁忙期、トラブル対応などにより残業や深夜の対応が発生します。

深夜の仕事は基本的にはあまりありませんが、トラブルなどにより深夜の対応などが発生する可能性があります。お客様の対応は基本的に従業員が対応しますが、大きなトラブルや女将として早急な対応が必要な場合は一端退勤しても再度出社したり、深夜の対応などが発生します。

なお基本的に女将は1人なので、シフトを組んで勤務するということはあまりありません。女将自身で出勤が必要な時間帯を自身で判断し業務に当たります。

休みは月4〜8日程度と設定されている事が多いですが、繁忙期などは月4日以下になる場合もあります。

旅館の女将の通勤方法

通勤方法は基本的に自由になりますが、女将が旅館にいない時間帯に大きなトラブルや地震などの災害が起きた際は、最高責任者としてすぐに旅館に駆けつけなければなりません。

そのため、旅館の徒歩圏内に住んでいるか、車ですぐ駆けつけれる距離に住み、通勤方法も融通がきく車である事が好ましいです。

女将の研修は、現職の女将がいたり、提携している旅館がある場合はその女将に付いて女将のノウハウを学ぶ研修期間を設けているところが多いです。

旅館の女将になるための修行

女将になるための修行については、最近は研修といった形で女将修行に代わるものとしている場合が多いです。

また、旅館の全ての業務の流れを学ぶために数ヶ月ごとに仲居、清掃、調理場などの各部署で他の従業員と一緒に勤務して旅館について学ぶ研修や、親会社がある旅館だと女将になるための専用プログラムが存在したりなど、旅館独自の研修が多数存在します。

女将になるための研修は旅館それぞれで異なりますが、

  • 現女将に付いて全ての仕事を学ぶ
  • 姉妹旅館や協力してもらえる旅館などに半年〜1年ほど出向し女将の仕事を学ぶ
  • 仲居、清掃、調理場など旅館の各部署に数ヶ月在籍し旅館の全体の仕事を学ぶ
  • 親会社がある場合は、女将になるための研修プログラムを受ける

などの研修方法が設けられているようです。

その後女将になった後も、生け花や茶道、接遇、マネジメントなど自身で女将として必要な研修を判断し随時学んでいる女将も多いです。

また、女将や仲居の人材教育を研修サービスとして提供している女将塾のような会社もあります。

旅館の女将の一般的な雇用形態を教えて

旅館の女将の一般的な雇用形態をざっくり言うと

旅館の女将の雇用形態は基本的には正社員となります。女将は旅館のトップ・最高責任者として旅館を担う存在なので、アルバイト・パートの雇用形態は基本的にはありません。

女将として旅館に勤務する最初の数年は、女将としての適性や旅館との相性を判断するのに契約社員として女将見習いのようなかたちで入社という契約もまれにあります。

数年間はお試しといった形で契約社員の女将として勤務し、数年後に女将としての仕事の手腕、従業員のマネジメント状況により問題がなければ正社員として雇用されることになります。

また、全くの未経験者を女将として育成し、全国の経営が傾いている旅館や女将が存在していなかったり、後継者がいない旅館に派遣し、旅館の建て直しなどに着手している企業も数社存在しています。そういった会社に在籍して、女将として派遣されるという働き方も可能です。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 なし まれにあり まれにあり あり

旅館の女将になるには

旅館の女将になるには、女将や女将候補を募集している旅館に応募して採用されるか、旅館を経営しているグループ会社の親会社に就職し、キャリアを積んで女将として配属されるという方法もあります。

また、昨今の外国人観光客の増加により、英語や中国語、韓国語のスキルがあると歓迎される要因になります。

旅館の女将になるにはどうすればいいの?キャリアステップは?

旅館の女将になるには、女将や女将候補を募集している旅館に応募して採用されるか、女将の育成を手がけている企業に就職し、各旅館に派遣・出向される方法があります。

また、大手の旅館を運営している親会社に就職し経験を積んで女将に昇進し配属される方法もあります。

他には、女将は世襲制度であることも多いため、旅館の跡継ぎと婚姻関係になり女将になるという方法や、旅館自体を買い取り女将に就任するという方法もあります。

女将としてのキャリアステップは、女将が旅館のトップであるためそれ以上のキャリアになる事は基本的にはありませんが、業績が好調だったら新たな旅館の経営に着手したり、更にランクが上の旅館に就職する等の選択もあります。

旅館の女将になるには専門学校やスクールに通う必要はあるの?

旅館の女将になるのに専門学校やスクールに通う必要はありませんが、経営学やマネジメント、サービスを学ぶ専門学校やスクールに行っていた実績があれば、女将になった時に知識が役に立ちます。

女将の仕事は実際に旅館で働いて修行や研修といった事が多いため、女将になるために学ぶというよりは女将になってから必要な知識を随時学んでいくという方法をとっている方が多いようです。

旅館の女将になるのに必要な経験や資格はあるの?

旅館の女将になるのに必要な経験としては、

  • 女将・若女将の経験
  • 着物での仕事をした経験
  • マネジメント経験
  • 経理の経験

資格としては、

  • 英語・中国語・韓国語のスキル

等を応募の条件、歓迎スキルに挙げている女将の求人が多い傾向にあります。

また、旅館のトップであるという職業柄、女将になるにはある程度の社会人経験や接客業経験を求めている事が多いため、新卒の状態での応募は厳しい結果になってしまうかもしれません。しかしながら、接客業未経験歓迎としている求人も多いので、都度自分のスキルに合う求人募集を探してみましょう。

旅館の女将の心得として大事なものは?

女将はお客様・従業員・旅館にとって重要な人物であり、女将の行動や雰囲気によって旅館の印象や従業員のモチベーションに繋がるので、採用する側としても女将を採用するに当たって人柄を重視している事が多い傾向にあることは心得ておくべきでしょう。

女将になるための心得として、コミュニケーション能力や協調性、最低限の社会人マナーや礼儀作法がしっかりしていることなどヒューマンスキルを求めている旅館が多い傾向にあります。

旅館の女将で働く場合にもっておくべき心得として大事なものは、

  • 基本的な社会人マナー
  • 基本的な礼儀作法
  • 高いコミュニケーション能力
  • 協調性
  • 接客や仕事に対してプロ意識を持って携われる方
  • トップに立て意識的に行動できる人

が挙げられます。

旅館の女将の仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方を教えて

旅館の女将の仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方をざっくり言うと

旅館の女将の求人情報は、ハローワークや求人情報誌、中途・転職サイト、旅館の求人に特化した求人サイトもあるのでそちらを確認してみましょう。

実際に女将の求人に応募し、面接に至った際の志望動機は、なぜ女将になりたいか、なぜこの旅館に応募したのかを自分自身の体験や考え方を内容に入れながら、自分自身の言葉でしっかりと伝えましょう。

面接では自分の人柄や、他者からの自分の評価などを伝えれると好印象に繋がる傾向にあります。

旅館の女将の面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツはある?

旅館の女将の採用の際の面接で志望動機を聞かれた際は、なぜ女将になりたいか、どうしてこの旅館に応募したかをしっかりと自分の言葉で伝えましょう。

女将の採用は人柄を重視している旅館が多いので、面接の本やネットにあるような汎用性がある受け答えではなく、自分自身が考えた言葉で過去の体験やこうなりたい、こうしていきたいなどの内容を志望動機に盛り込むと面接を受ける方の魅力が面接官に伝わります。

女将は、旅館のトップであり最高責任者という立場なので、トップに立って人に指導・教育することができ、自ら動いて旅館や従業員、お客様の為に判断し行動できる人材が求められます。中途や女将・接客業経験者の方は過去に仕事でそういった経験や実績があれば履歴書や職務経歴書に詳細に記載しましょう。

履歴書や職務経歴書には、女将の経験がある方や、接客業を長年経験しているなどの中途採用の場合は、その経歴を中心に詳細に記載しましょう。経歴とともに、功績や実績があればそれも記載すると良いでしょう。

新卒や業界未経験者の方も、学校生活や部活動、過去に勤務していた会社でのリーダー経験や人を統率して物事を解決した等のエピソードを記載し、リーダー素質があることをアピールしましょう。

よって接客業未経験者や新卒で応募の際は、過去の部活や学校、職場でリーダーとなって活動していたことがある場合は、そに実績や功績を履歴書・職務経歴書に記載し、トップに立って活動してきた、人を纏めてきた経験がある事をアピールするといい印象を面接官に残せます。

旅館の女将の求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

旅館の女将の求人募集、就職・転職情報は、ハローワークや求人雑誌、ネットの転職サイトや中途採用の求人サイト、旅館の求人をメインに取り扱っている転職サイトなどを確認すると掲載されていることがあります。

また、女将の育成を手がけ、女将がいない旅館や経営が傾いている旅館に派遣して、旅館の立て直しなどのコンサルタントを行なう企業も数社あるので、そういった企業の求人情報も確認してみるといいでしょう。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる