ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)の仕事内容/年収(給料)

私たちが旅行先や宿泊先として利用しているホテルには、すべてを統括している総支配人と呼ばれる存在があります。ホテルの支配人ともなると、経験豊かな優秀な人材だけが就くことのできる職業のように思うかもしれません。一体どのようにすればホテルの支配人になることができるのかや、仕事内容と給料面について詳しく見ていきましょう。

この記事の見出し

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)の役職とは

ホテルの支配人は総支配人やジェネラルマネージャー(GM)と呼ばれることもあり、企業の役職でいうところの社長のような存在です。ホテルでは一般的な会社のように部長や課長といった呼称は使用されておらず、総支配人や副支配人、マネージャーといった呼び名で役職が呼ばれています。

支配人(総支配人/マネージャー)の役割は、円滑に業務を進められるよう努めるとともに、より良いサービスを提供していけるように運営方針を決定したりします。ですがホテルの中でもトップとして業務に携わっているため、決定権がある一方、不祥事が起こった際には責任を取らなければならない立場の役職です。

また、ホテルの売り上げや宣伝活動をどのように行っているかも把握していなければならなく、支配人(総支配人/マネージャー)は数多くの業務をこなしていく必要があります。そこからさらに、宣伝活動やより良いサービスを提供する仕組みを構築しながら、稼働率を上げて集客を行うことも重要な任務なのです。一見、大変そうな仕事と思われがちですが、自身の力で舵を取り、ホテルをより良いものとしてける楽しさもあるのです。

支配人とマネージャーの違い

ホテルの支配人とマネージャー(MGR)の意味は基本的に同じです。

ホテルによっては支配人という名称の代わりに総支配人やジェネラルマネージャーという呼び方を使う場合もあります。また、支配人の他に副支配人というポジションやアシスタントマネージャー、サブマネージャーといった役職が設置されている場合もあります。

それぞれの役割も、ホテルによって異なりますが、いずれの場合もその他のポジションと比べると、大きな統括的機能をもった役職であることに変わりはありません。あくまでも、ホテルが自主的に設置する役職のため、総支配人、支配人、副支配人の3種類が設置されていても特に問題はないでしょう。

ホテルの規模によっては、管理部門や宿泊部門、営業部門などの多くの部門に分けられていることもありますが、小規模なホテルの場合では支配人と副支配人のみといったケースもあります。

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)の仕事

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)の役割

ホテルの支配人は総支配人やジェネラルマネージャーといった呼称があり、会社の社長のような存在としてホテルの統括をする役割を担っています。

具体的な役割としては従業員の教育や施設の管理などさまざまなものがあります。

運営方針やマニュアルの見直しなどの多くの決定権がある半面、不祥事が起こった際には責任を取らなければならない立場でもあります。

それでも自身が一つのホテルを運営して世間から高い評価を得られるとすれば、とてもやりがいのある魅力あふれた役職でもあるのです。

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)の仕事内容

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)には、ホテル全体の売り上げの把握、宿泊部門や宴会部門などとの調整など、多岐にわたった重要な仕事をこなす必要があります。ホテル内の定期的な巡回や各部門の責任者への必要事項の伝達なども支配人の仕事です。

定期的な巡回では、ホテル敷地内の隅々まで清掃されているかや、修繕しなければならない点がないかを目視でチェックしていきます。問題のある箇所があれば、すみやかに対処するよう担当部門の責任者に伝えなければなりません。

必要事項の伝達は主に朝礼や会議などで行われるため、ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)は、ホテルを管理運営していく上で、伝えるべき事項をまとめておく必要があります。

このように責任者としての立場でさまざまな業務がありますが、ホテルを自身の手で運営していけるといった点では、とてもやりがいを感じられる仕事と言えるでしょう。

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)の具体的な仕事と業務

ホテルの支配人は、一日を通してさまざまな業務に携わっています。

支配人の朝はホテルの見回りから始まり、ただ歩くだけの地味な作業のようですが、実は毎日欠かすことのできない大切な仕事なのです。

支配人が定期的に見回りをすることによって、早期にホテルの敷地内の異変や修繕箇所などを見つけることで、お客様に不快な思いや不便をかけないようにしています。ホテルの敷地内の掃除が行き届いているかの確認はとても大切なことであり、今後のホテルの評価にも大きな影響を及ぼす可能性も否めません。

汚れている場所や修繕箇所が見つかればすぐに対応できるのも、支配人の毎日の巡回があるからこそなのです。そのため見回りのような地味と思われる作業にも、しっかりと取り組む姿勢が必要になります。

また、各部門ごとの責任者への指示を行うのも支配人の役割であり、状況に応じた適切な判断力が求められます。伝達に関しては朝の朝礼や会議などを通じてやり取りが行われることが大半で、各部門ごとに伝えなければならないことは事前に確認していなければなりません。部門に関しては小規模なホテルでは支配人と副支配人のみの場合もありますが、ある程度の規模のホテルではいくつかの部門に分けられていることがほとんどです。

その後、支配人の指示を受けた責任者によって必要事項が各スタッフに伝達されるので、ホテルを運営していく上で重要な仕事の一つといえるでしょう。

巡回や責任者への指示の他にも、オーナーとしてホテルの運営方針やスタッフの雇用についても考える必要があります。またお客様が宿泊することで利益がでる商売なので、集客の方法を模索し、最も効率よく空き部屋を減らす方法を考えて実行しなければなりません。

また著名な方やお得意様が宿泊に来られる際には、支配人が直接部屋へ赴いて挨拶をするため、丁寧な言葉遣いや気持ちの良い接客ができるように心がける必要があります。

このようにホテルの支配人は、利益を最大限に確保するとともに、宿泊されるお客様により良いサービスを提供するための重要な立場であるといえるでしょう。もちろん利益だけを考えるのではなく、従業員が快適に仕事ができるように環境を整えることも大切です。

そのためスタッフが働きにくい環境ができてしまうと、ホテルで決められた規律が守られないといった問題が起こる恐れがあります。ホテルで決められた規律とは、お客様への挨拶や清掃の方法、服装などさまざまですが、これらがしっかり守られているか確認するのも支配人の仕事です。もし、規律が守られていない場合は正しい方法を指導するように各責任者へ伝えることになります。

そしてマニュアルに沿った接客とサービスで、新たに宿泊に来られたお客様をお迎えすることが支配人としての役目といえるでしょう。

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)の給料(年収)

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)の給料(年収・月給・時給)はどのくらい?

ホテルの支配人の年収や月収は、平均年齢が高いことや責任者としてホテルを運営する立場上、比較的高い傾向にあります。

ホテルの支配人の給料は年収400万円~700万円程度であることが多いです。規模によってかなりの違いが出てきますが、年収が1,000万円を越えることもあるためかなり夢のある職業と言えるでしょう。日給に換算すると15,000円~25,000円となるため、業務内容に適した給料が見込めます。

ホテルの支配人の月収を時給換算すると1,800円~3,000円程度と高くなっています。総括する立場としてそれ相応の給料があることが見て取れます。

年収 400万円~700万円程度 ※規模の大きいホテルでは年収が1,000万円を越えることもあります。
月収・月給 30万円~50万円程度 ※賞与は別
日給 15,000円~25,000円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 1,800円~3,000円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)の手当(深夜・残業など)/賞与・ボーナス

ホテルの支配人として働く場合は、他のスタッフと同様に時間外労働をすれば給料に残業代が付きます。

深夜手当についても勤務した時間に応じて加算されます。ですが基本的には緊急の場合を除いては帰宅していることがほとんどなので、支配人が深夜に勤務することはあまりありません。

ボーナスについては各ホテルによって給料の金額に差がありますが、業界全体で見ると支給されることが多いです。ただし、ボーナスについては業績によって左右されることが多く、あらかじめ定められた賞与を上限とした金額の中から支払われることが多いです。

売上額が少なく業績が悪い場合は、定められているのボーナスの内の50%や60%といった具合に支給されることになります。

つまり支配人の残業代やボーナスは、

  • 時間外労働に対しては残業代が支払われる。
  • 深夜手当の支給はあるが、支配人の業務が深夜に及ぶことはほとんどない。
  • ボーナスは業績によって左右される。

ということになります。しっかりと要点を押さえて覚えておきましょう。

ホテルの支配人の勤務形態/働き方

ホテルの支配人の勤務時間(労働時間)/休憩/深夜の仕事/残業

ホテルの支配人の勤務時間は、9時~21時の間の8時間程度であることがほとんどです。また8時間程度の勤務の場合の休憩時間は、法律上の観点から1時間以上確保しなければならないことになっています。

ホテル自体は24時間体制になっているため一般の従業員は3交代制での勤務となりますが、支配人については例外ということです。そのため日中の決まった時間での勤務となる点では、働きやすい環境といえるでしょう。

ホテルの支配人の仕事では、残業になることはあっても深夜勤務になることはありません。支配人が不在の時間帯には、ナイトマネージャーやデューティーマネージャーと呼ばれる責任者が支配人に代わって統括しているのです。

もし支配人が不在の時間帯に重要なトラブルが発生して、ナイトマネージャーやデューティーマネージャーでは解決できないようなトラブルが起こらない限り深夜の勤務になることはありません。

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)のシフト/休み

休みに関してはホテルの性質上、サービス業であるため休みの日に宿泊客が増える傾向にあること、24時間365日稼働していること、からシフト制での休みとなる場合が多いです。

稀にシフトでの休みに加えて祝日が休みとなっているケースもありますが、ホテルによって違いがあるので面接の際に確認してみるとよいでしょう。

ホテルの支配人の通勤方法/研修

通勤の方法について決まりを定めていることはありませんので、自由な通勤方法で出勤できます。また採用後から支配人に選任されるまでの間は、見習いとして各ホテルごとの研修を受けることとなります。

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)の雇用形態

ホテルの支配人の雇用形態はアルバイトやパート、契約社員、派遣社員での採用は行っておらず正社員であることがほとんどです。ホテルの最高責任者としての立場であることから、正社員として働くことは当然のことといえるでしょう。

ホテルの支配人の雇用形態には正社員のほかに業務委託を受けるケースも稀にありますが、ほとんど見かけることはないといっていいでしょう。業務委託の場合の給与形態は正社員の月給制とは違い、年俸制であることが多いです。

ですが基本的には正社員での採用が一般的になっているため、お目にかかることはあまりないでしょう。なぜホテルの支配人の雇用形態に契約社員やアルバイトが含まれていないかというと、

  • ホテルの最高責任者であるため長期的な雇用を考えている。
  • 指導する立場である以上、正社員でなければ務まらない仕事である。

などが要因として挙げられます。

正社員として雇用されれば給与面や待遇面でも優遇されますし、将来的にも安定しているといえるでしょう。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 なし なし なし あり

ホテルの支配人のきついこと/やりがい/向いている人

ホテルの支配人のきついこと

ホテルの支配人はきついという評判などがネット上では多いですが、まず前提として知っておくべきは、支配人の仕事や業務内容はホテルによって大きく異なり、またスタッフの数も大型ホテルからビジネスホテルで大きく異なるため、それらを一緒に考えない方がよいでしょう。

一般的にホテルの支配人がきついとされるのは、自分ひとりで何から何までやる必要があり、労働時間が長くなって睡眠時間が短かったり、お客様のクレーム対応が辛いという点が噂になりますが、これらはチェーン系のビジネスホテルが前提になっているようです。

大規模なホテルであれば分業なども進んでいるため安心してよいといえるでしょう。ただし支配人はホテルのトップに立つ責任持ったポジションであることには変わりありません。

ホテルの支配人のやりがい/向いている人

ホテルの支配人のやりがいは、自身がホテルの運営に携わり経営方針を決定していけることです。戦略を練って功を制すれば、ホテル全体の売り上げにもなりますし自身のやる気にも繋がってきます。

しかし規模の大きいホテルになると統括することが難しいですが、大きな組織を取りまとめられることを考えれば、支配人の仕事をするメリットと捉えることができます。

また支配人はホテル全体を仕切る役割であることから、従業員をまとめる統率力や運営に関する知識が必要な職業といえます。ですので人をまとめることが好きな人や、一つのホテルを自身の考えで変えていきたいという思いがあるのであれば、熱中して業務に励むことができるでしょう。

このようにホテルの支配人は簡単な仕事ではありませんが、チャレンジしてみたいという気持ちがあるだけでも、ホテルの支配人になる充分な理由といえます。

ホテルの支配人になるには/学歴/年齢

ホテルの支配人として採用されるためには、大学や短大で語学について学んでいると優遇される傾向にあります。ホテルでの仕事では接客に対するスキルや丁寧な言葉遣いが求められるため、学歴に語学を学んだ経験があることが重要視されることが多いのです。

ホテルには海外からの宿泊客が泊まりに来ることもあるので、外国語のスキルがあればより高い評価を得られます。また中途採用での就職を考えており、語学や外国語のスキルがない場合は語学スクールで勉強することができるので、必ずしも採用されないといったことはありません。

またホテルへの就職を目指した専門学校も存在しているので、新卒や中途で転職する場合でもさまざまな方面からホテルの支配を目指すことができます。メリットも多く、ホテルで働くために必要な資格を取ることができるのも専門学校ならではの強みといえるでしょう。

ですがまったくスキルが無い状態では採用されることは非常に難しいため、新卒だと大学や短大や専門学校、中途採用だと語学スクールで語学や外国語学ぶと共に、接客スキルを身に付けることがホテルの支配人として就職、転職するための近道といえるでしょう。

またホテルの支配人になるのに年齢については決まった要件はありませんが、基本的にホテルのことを熟知している必要があるので、ある程度の経験を重ねた年齢の方が支配人を務めることが多いです。

ホテルの支配人に必要な資格/スキル

ホテルの支配人の資格に関しては、取得していなければならないものはありませんが、「ホテル実務技能認定試験」や「ホテルビジネス実務検定」を事前に取得していると、何も持っていないよりは有利でしょう。

しかし、ホテルの支配人においてはそれ以上に実務経験が最も重要視されています。特にホテルの運営経験があれば良いですが、最低限ホテルスタッフとしての実務経験があれば採用の対象になります。

ホテルの支配人に必要なスキルは、語学力や豊富な経験や知識、リーダーシップなどです。

語学は大学や短大、専門学校に通うことで学ぶことが出来ますし、他にも語学スクールで勉強できます。ホテルには外国の方が宿泊に来られることもあるので、外国語が話せなければなりません。

豊富な知識や経験については、支配人候補として就職したのちに身に付けていくことになります。

ホテルの支配人になるためにはさまざまなスキルや資格が必要です。資格については必ずしも必要ではありませんが、ホテル全体のことを把握する必要がありますし、接客マナーや高い語学スキルが求められています。

ホテルの支配人として採用されるために必要なスキルは、

  • 高いスキルの接客力や語学力
  • ホテルの売上や従業員を管理する能力

などが挙げられます。

上記のスキルに関しては採用後の研修期間中に学ぶことになりますが、新卒で専門学校や大学を出ている場合や、採用前に他のホテルでの実務経験があれば採用されやすくなりますし、早い段階で支配人として働ける可能性が高くなります。

ホテルでの豊富な実務経験があれば問題ありませんが、未経験の場合でも語学や接客に自信があるのであれば応募してみると良いでしょう。

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)の仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)は接客業になりますので、面接での受け答えにははっきりと丁寧に答えると印象がよくなります。事前に志望動機を考えて、自信をもって面接に望みましょう!

面接と同様に重要になるのが履歴書や職務経歴書です。誤字や脱字がないよう丁寧に書くように心掛けましょう。その際に嘘の記述をしてはいけません。

求人情報に関しては最寄りのハローワークを利用したり、インターネットから転職サイトを利用するのが便利で効率的です。転職サイトでは無料登録を行うと、メールマガジンで新着求人のお知らせが届くサービスもあるので利用してみるといいでしょう。

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)の面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツ

就職面接の際の志望動機は、事前に説得力のある内容を考えておきましょう。志望動機はその他の業種の面接でも重要なポイントとなっていますが、ホテルの支配人候補の面接ですのでその重要性はさらに高いものがあります。そのため受け答えに覇気がなかったりすると自信がないように思われてしますので、自信をもってはっきりと答えましょう。

履歴書や職務経歴書を作成する際に気を付けるポイントは3つ。

  • 偽りの情報は記載しないこと。
  • 取得している資格が多い場合は、業務上必要とされる資格のみ記載する。
  • すべて書き終えたら誤字、脱字が無いかしっかりとチェックする。

上記のことをしっかり守って面接に備えましょう。

ホテルの支配人(総支配人/マネージャー)の求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

ホテルの支配人の求人募集の掲載情報は、最寄りのハローワークや転職サイトで探すことができます。ハローワークで求人募集を探す場合は、求職者登録をする必要があります。登録しなくても求人掲載情報の閲覧は可能ですが、応募する場合は登録していなければなりません。

またハローワークの求人情報は随時更新されていおり、新着の求人に関してはほとんど応募されていないことが多いため、ライバルが少ない状態で面接に望むことができるといったメリットがあります。また求職者登録をしていればハローワークに足を運ばなくても、インターネットから求人情報を検索することも可能です。

転職サイトからホテルの支配人の転職情報を探すには、求人サイトを利用すると効率が良いです。主に転職サイトには2つの種類があり、業種問わず掲載しているサイトと特定の業種に特化した求人を掲載しているサイトがあります。

ですが一つのサイトのみ利用するより、いくつかの転職サイトを利用するほうが多くの情報を得られるので、まずはホテルの支配人の求人情報で検索すればよいでしょう。また転職サイトでは、無料登録をすればメールマガジンから新着の求人募集情報を得られることもあります。

以上のことから自身の都合に合わせて、ハローワークやインターネットの求人サイトを利用してみるとよいでしょう。

 

ホテルの総支配人の仕事には接客マナーや語学力に加えて、リーダーシップや豊富な経験や知識が必要です。

ひとつのホテルを取りまとめる責任者として、やりがいを感じられる仕事といえます。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる