旅館の仕事情報

旅館の仲居の仕事/住み込み/給料・チップ/髪型・着物/資格/心得

温泉地などの観光地にある旅館で、私たちが宿泊する際の一連のお世話をしてくれる仲居という存在がいます。その旅館の印象の善し悪しを左右する仲居のお仕事について仕事内容や、給料、働き方を詳しく見ていきます。

この記事の見出し

旅館の仲居とは

旅館の仲居とはどんな役割をするのか

旅館の仲居とは、接客係、案内係、客室係、給仕係とも呼ばれ、お客様の到着のお出迎えから館内の案内・客室でのお茶出し・夕食/朝食の配膳・出発のお見送りといったお客様の宿泊に関するお世話を担当し、お客様が快適に滞在できるようおもてなしに尽力する役割をします。

仲居の業務は、案内から配膳業務と幅広く、お酒や料理の運搬・お布団敷きなどの力仕事までを担当する仕事です。

また、仲居同士、フロントや調理場などの他部署との連携も重要となっているため、わからないことは質問する、連絡をしっかりするといった基本的なコミュニケーション能力をもってお客様との情報伝達を。

旅館の仲居がいる意味はなにか

仲居は接客に関する言葉遣いや所作、料理や周りの観光地についての知識など様々な知識を持って、その旅館の顔としてお客様ひとりひとりに合わせたサービスを提供するおもてなし接客のプロとも言えます。

一方、女将は仲居、調理場やフロント、清掃係など旅館で働く従業員を統括する存在であり、日々、従業員が円滑に業務を進め、お客様が快適に滞在できるよう旅館の運営を行なっているいわば旅館の責任者です。

お客様のチェックインやチェックアウトの際などに軽く女将としての挨拶をすることはありますが、お客様の接客は基本的に仲居に任されており、トラブルなどが起きた際に女将に報告し指示を仰ぐといった形になります。

仲居の仕事はお客様から感謝の気持ちを直接頂く事が多いので、人に喜ばれる事が好きな方や国内外問わず様々な人たちと接したいと考える方にはとてもやりがいに繋がるお仕事です。

旅館の仲居の仕事内容を教えて

ここでは仲居の仕事内容を具体的に知るために、仲居の一日の業務を詳しく見ていきます。

仲居の仕事内容:お客様のお迎え準備

旅館の仲居の仕事は宿泊業務の為、お客様がチェックインする午後から一日が始まる流れとなります。

午後の出勤後、まずは自分の担当するお客様の情報を確認します。旅館によってはミーティングが開かれ、当日の宿泊数や宴会の有無、アレルギーやサポートが必要かなどの留意すべきお客様の情報や夕食のメニュー、変更点などの情報を共有します。

次にお客様がチェックインする前に客室がきちんと整えられているかを最終確認します。掃除が行き届いているか、アメニティーや茶菓子が人数分を用意されいるか等を確認し、お客様の到着を待ちます。

仲居の仕事内容:配膳

お客様の到着を待ってる間は、お客様の夕食の前準備に取りかかります。お部屋食の場合は食事に使う箸やお皿などの準備、食事処や宴会場の担当の場合は会場のテーブルセッティングなどをおこない夕食に備えます。

仲居の仕事内容:お客様の客室への接客と案内

お客様が到着された際はお出迎えにフロントに向かいます。チェックイン手続きを終えたお客様は担当の仲居に任されることになります。

お客様の荷物を持ち、途中お風呂の場所や食事処の説明をしながら客室へとご案内します。

客室に着いたら、お茶のサービス、担当の仲居としてのあいさつ、館内の説明や夕食・朝食の時間を伺います。浴衣のサイズ調整も行い、到着のご案内の接客を終えます。

仲居の仕事内容:お客様への給仕

お客様の夕食のスタート時間に合わせてテーブルセッティングを完了させ、食事を開始します。

お客様が注文するお酒などの飲み物を準備したり、お客様の食べるスピードに合わせて調理場に連絡し、料理を一品ずつ配膳します。

宿泊先での1番の楽しみは食事といっても過言ではないので、担当のお客様が何組もいて忙しい中でも丁寧にお料理の説明をし、温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちにを心がけ一品一品料理を配膳します。

デザートまで出し終えたらお客様が落ち着いた頃を見計らって食事の後片付けをおこない、お部屋食の場合はお布団を敷き、就寝できる状態にしお客様におやすみのご挨拶をして接客を終えます。

仲居の仕事内容:お客様のお見送り

その後、夕食で使ったグラスや道具の片付け、翌日の朝食の準備などをして退勤となります。

翌日の朝の出勤後はお客様の朝食の準備、時間になったら客室又は食事処で朝食の配膳をします。

朝食が終了したら食事の片付けをしつつ、お客様のチェックアウトを待ちます。

お客様のお見送りを終えたら一連の業務が終了となり、午後の出勤に備えて休憩となります。

旅館によって多少業務の役割分担は変わりますが、大体の仲居の仕事はこの流れとなります。

旅館の仲居に向いている人

旅館の仲居の仕事は、赤ちゃんから高齢者まで老若男女、日本に限らず海外のお客様と接することになるので、人と接することが好きということがとても大切になります。

接客業はよく”元気な明るい方”という募集がありますが、物静かな方でも、真面目な方でも丁寧な方・大雑把な方でも、周りのスタッフとしっかりコミュニケーションがとれ、お客様が快適に滞在できるよう心配り・おもてなしの気持ちを持っている方でしたら仲居の仕事は向いているのではないでしょうか。

旅館の仲居の仕事が辛いとき/きついとき/辞めたいとき

旅館の仲居の仕事が辛い/きつい/辞めたいと感じるときのパターン

仲居は旅館の方針にもよりますが、一日に2~4組ほど、繁忙期には5~7組ほど担当する事になります。

チェックインが重なったときや夕食の時間などは、仲居の仕事はお客様の見えないところでは走り回らなければいけないほど忙しくなります。

仲居の仕事は、特に夕食の際は、お客様から飲み物の注文が入ったり、一品ずつお客様のペースに合わせて料理をお出ししなければならず、料理の配膳が遅かったり、忙しいからと接客がおざなりになってしまうと、お客様が不満に思い仲居へのクレームへと繋がる事もあります。

また、お客様が満足されるためには、仲居同士はもちろんのこと、フロント、調理場、清掃係など様々な部署との連携が必要となり、仲居の仕事は体力、コミュニケーション能力、気遣いがとても重要な仕事となります。

疲れている時や忙しいときなどは、仲居の仕事をしていても、いつもは楽しいはずの仕事が辛いと感じたりきついと感じて、しまいには仲居の仕事を辞めたいと感じてしまうときが人によってはあるようです。

旅館の仲居の仕事が辛い/きつい/辞めたいと感じてしまったら

旅館の仲居のお仕事は、お客様から“ありがとう”という感謝の気持ちを直に頂いたり、また、リピーターとなったお客様から客室係・接客係・案内係としての指名を頂く事もあります。

仲居はお客様の宿泊に関する一連のお世話を密に行う為、そういったお褒めの言葉を頂く機会が多いので、人に喜んでもらう事が好きな方にはとてもやりがいに繋がります。

仲居の仕事が辛いとき、きついときは、こうしたポジティブな部分に目を向けてみてはいかがでしょうか。

旅館の仲居の給料/年収/お金事情

旅館の仲居の給料/年収/もらえるお金はどれくらい?

旅館の仲居の給料は、旅館のランクや経験年数などで変わっていきます。

旅館の仲居の給料は、正社員・契約社員の未経験や新卒だと年収200万円程度、月給だと15万円程度からスタート。

勤続年数が長いベテランかつ一般的に高級旅館と言われているようなところだと年収400万円~450万円、月給30万円〜35万円程度と幅があり、時給換算すると900円から2,100円程度と旅館のランクや経験年数で幅があります。

平均的には年収250万円~350万円程度、月給18万円から20万円程度が多く、給料は低めの傾向にありますが、心付け・チップなどの臨時収入や旅館側の大入り手当や年末年始手当などの設定により働く環境によって補われることもあります。

アルバイト・パートは時給900円~1000円程度、派遣社員は時給900円~1300円程度が多く、週末や繁忙期だけ働きに来るスポットスタッフ(派遣社員・アルバイト)は時給1100円~1800円と高い傾向にあります。

年収 200万円~450万円程度
月収・月給 15万円~35万円程度 ※賞与は別
日給 7,200円~17,000円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 900円~2,100円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

旅館の仲居に手当(深夜・残業など)や賞与・ボーナスはあるの?

旅館の仲居は、22時以降の深夜労働や法定時間外労働としての残業が発生した際は、法に則った手当が付きます。

正社員・契約社員の場合の賞与・ボーナスは働く旅館によっては支給されます。

賞与・ボーナス支給は旅館の業績による事も多く、旅館は観光地にあるといった特性ゆえ、周辺環境によって業績が年によって大きく上下します。

例えば、雪が多すぎる年だと交通機関が麻痺するため宿泊数減少となる旅館もあれば、スキー場近くの旅館はウィンタースポーツ客によって宿泊数が増加します。反対に雪が全く降らない年だと先ほどの宿泊数は逆転します。

その為、状況によっては賞与・ボーナスが例年の半額以下だったり、支給なしという可能性もあります。

また、アルバイト・パートの場合は、1日の客室の稼働率がある一定の割合以上になった際に、大入り手当といった形でボーナスが日渡しや給料日に合わせて支給される旅館もあります。

賞与・ボーナスなしの旅館の正社員・契約社員もそういった形でボーナスが支給される事もあります。大入り手当以外にも年末年始手当やGW・お盆手当という設定がある旅館もあります。

旅館の仲居のチップ(心付け)

また、仲居は担当したお客様によって心付け・チップをいただく機会が多いです。

この心付け・チップの取り扱いは旅館によって、

・心付け・チップをお客様から頂くことを禁止している

・心付け・チップを頂いた仲居本人が全額もらう

・旅館側に回収され処理される

・いったん旅館側で回収し、月に一度旅館で働く従業員で均等に分けられて支給される

と対応が変わりますが、頂ける場合は1組のお客様から1,000円~5,000円が相場となっており、月1,000円~5万円くらい臨時収入として得ることができます。

しかし、旅館のランク、客層、不景気などにより全く頂けないこともあるのであくまでも臨時収入として絶対的にあるものとは考えない方がよいでしょう。

旅館の仲居の勤務形態や働き方を教えて

旅館の仲居の勤務時間(労働時間)・休憩はどれくらい?

旅館の仲居の働き方は6:00〜22:00間での実働8時間労働が多く、基本的にはシフト制で、お客様の状況によって出勤時間、退勤時間が変わります。

お客様の対応がないチェックアウトからチェックインの間は“中抜け ”休憩に入ります。

仲居の仕事は他の業種にはない特殊な働き方となり、

・6:00~10:00(お客様の朝食・お見送り)

・14:00~22:00(お出迎え・お客様の夕食)

など午前と午後に分かれた勤務時間になります。

その間の10:00~14:00は中抜け休憩時間と言われており、基本的には中抜け休憩の際は自宅に帰宅して休憩することになります。

旅館の仲居に深夜の仕事や残業はあるの?

旅館の仲居は、チェックインが遅くなったお客様の対応や、繁忙期などによって深夜労働や残業が発生します。

基本的にはお客様もお休みになるので22時には退勤になることがほとんどで、繁忙期などでも遅くとも23時くらいまでの深夜勤務となります。

旅館の仲居の仕事にシフトや休みはあるの?

旅館の仲居は、1週間ごとにシフトが組まれることが多く、休みは交代制となります。

また仲居の休みは“たすき掛け”という休み方が仲居では一般的で、当日の午後から翌日の午前中までの休みで1日分の休みとなります。

仲居の仕事は担当のお客様を持っていることもあり、当日の午後から翌日の午前中の勤務でワンセットとなります。なので休日も午前中に勤務し、お客様のお見送りを終えて業務終了となったらお休みに入り翌日の午後から出勤となります。

例   6:00~10:00 勤務、退勤

    午後 休日

翌日 午前 休日

    14:00~出勤

特殊な休み方になる為、なれるまで時間がかかることも多いようです。

休日は月6〜8日程度で旅館が繁忙期に入ると1週間の休みなく連勤になる場合もありますが、その分閑散期になるとまとまった休みも取りやすくなります。繁忙期になると月4日という事もあります。

旅館の仲居の研修

研修は、OJT方式となり指導役となる先輩に付き仕事の流れを教わることになります。

通常3日から1週間程度、指導役と共に行動し仕事を覚えます。

その後、旅館の女将または仲居のリーダ的な方がお客様役での接客の模擬テストを行うことが多く、合格を経て独り立ちとなり自分の担当のお客様を持つことになります。

旅館の仲居の住み込みの仕事とは

仲居は住み込みの仕事をするケースも多いです。自宅からの自家用車での通勤もありますが、早朝出勤、3〜5時間程度の中抜け休憩、21時以降の退勤と不規則なため、近くに住んでいる方がメリットが大きいです。

旅館は温泉地や観光地に立地する特性があるため寮を完備しており、それを利用している仲居が大半です。旅館に併設した寮や、近くのアパートのを借り上げている場合等ありますが、基本的には徒歩で圏内に設置されています。

大規模の旅館で少し離れたところに寮がある場合は、自転車や送迎バスでの通勤になります。

旅館の仲居の髪型/着物や服装

旅館の仲居の髪型

旅館の仲居をする場合の髪型については、和のイメージにあったヘアスタイルにする必要があるでしょう。最近は昔ほど厳しくないとはいえ、派手な茶髪やパーマは避けた方がよいです。

また、男性も女性も仲居の仕事では前髪がかからないようなきれいめな髪型が望ましいといえます。

旅館の仲居の着物や服装

また、仲居の仕事制服は着物である事も多く、着物が1人で着れない場合は数日間、出勤前に先輩と待ち合わせし着付けを学ぶことになります。

研修や着物で勤務する場合の着付けなどは、入社より数日間は指導役となる先輩に付きっきりで実地で学ぶことになります。

旅館の仲居の一般的な雇用形態を教えて

旅館の仲居の一般的な雇用形態・契約の種類

旅館の仲居は、10代~80代と幅広い年代の方が勤めてる事が多いため、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートと雇用形態は様々です。

お試しに契約期間を決めて派遣社員やアルバイト・パートで働き、その後正社員へといった働き方も多く、ライフスタイルの変化に合わせた雇用形態の選択が可能です。

旅館の方針にもよりますが、繁忙期や人手不足の際に派遣社員やアルバイト・パートで補う方針の旅館が多く、正社員は少数で大半の仲居が派遣社員、アルバイト・パートで働いています。

また、仲居の仕事は10代〜80代と幅広く、地元のベテランの仲居さんはアルバイト・パートで働いている事が多いです。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 あり あり あり あり

派遣社員やアルバイト・パートの雇用形態から正社員への登用制度を設けている旅館も多いので、自分のライフスタイルに合わせた働き方が可能です。

また、旅館は時期によって閑散期、繁忙期があるため繁忙期に合わせて増員することがため、仲居の大半が派遣社員という旅館が多いです。

旅館の仲居ではパートやアルバイト(バイト)だとどんな仕事をするの?

旅館の仲居のパート・アルバイトの仕事内容は基本的には正社員と同じ仕事内容となります。パート・アルバイトも担当のお客様を持ち、接客に当たります。勤務時間によっては他の仲居の手伝いといった内務スタッフとしての勤務もあります。

夕食の時間帯だけのパート・アルバイトの場合は他の仲居の料理の配膳手伝いや、テーブルセッティング・片付けのなどの内務スタッフとして働く場合もあります。

旅館の仲居に就職するための資格/心得

旅館の仲居に就職するためには

旅館の仲居になるには、旅館の仲居の求人に応募するか、観光地の従業員派遣に特化した派遣会社に登録して希望に合う旅館を紹介してもらい就職する方法があります。

仲居のキャリアステップは、明確にはありませんが、経験を積み次第で仲居のチーフやマネージャー、仲居頭への就任や、仲居の知識を活かしての企画や運営側へ転職、高級旅館といった更に上流のサービスを行なっている旅館への転職などが考えられます。

旅館の仲居には男性でもなれるのか

仲居は女性が従事しているイメージが強いですが、近年は男性の仲居の求人も増えてきています。実際に旅館の仲居は、基本的に女性が従事する事が多いですが、昨今の人手不足や男女雇用機会均等化により男性の仲居を積極的に採用する旅館も増えてきました。

しかし、男性は接客よりも女性の仲居のサポートや力仕事がメインの内務スタッフとして採用している旅館も多いため、応募する際に希望する仕事内容かを確認し、就職後に相違が出ることを防ぎましょう。

男性の場合は、着物ではなく作務衣という和式の作業着を着用する事が多く、旅館によって、

  • 女性の仲居と同じ仕事内容

又は

  • お客様の荷物持ちや、料理を調理場から会場まで運んだり、布団の上げ敷きを行ったりなどの力仕事メインの仲居のサポート役の内務スタッフ

と仕事内容が多少変わります。

仲居は女性の仕事という伝統的な考え方の旅館もあるので、男性の場合は、応募する前に希望している仕事内容かを旅館に問い合わせて男性仲居だとどのような仕事内容になるかを確認した方が、就職後に仕事内容が違う、接客に携わりたかったのに任せてもらえない、といったトラブルを防止することに繋がります。

旅館の仲居に必要な資格

旅館の仲居に就職するのに特に資格やスキルは必要はありません。

経験や知識より人柄を重視した未経験者を積極的に採用している旅館も多いので、経験のない方も比較的仲居として採用されやすい傾向にあります。

また、旅館の仲居は、新たに専門学校やスクールに通う必要は基本的にはありません。もちろん、観光関係やサービス関係の専門学校やスクールに通った実績があれば旅館側としては優遇される要因となります。

もし過去にショップ店員などの接客経験がある、外国人観光客も増加しているため外国語が話せる等があれば優遇され採用されやすい傾向にあり、過去に仲居の経験がある場合は即戦力として採用されやすいです。

旅館の仲居に必要な心得

旅館の仲居は、担当するお客様の到着のお出迎えからお部屋案内、夕食/朝食の配膳、出発のお見送りまでの一連の宿泊業務に伴う接客を担当します。仲居の他に接客係、案内係、客室係、給仕係と呼ばれることもあります。

仲居はお客様の疑問に素早く答えられるよう、館内についての知識、周辺の観光についての知識、お出しする料理についての知識、お客様をおもてなしする為の基本的なマナーや所作に関する知識など多ジャンルに渡る知識を学び、お客様ひとりひとりに合わせてお客様の旅行が良いものになるようにサポートに努めることを心得ておくべきでしょう。

旅館の仲居は、未経験歓迎と謳っているところも多く、そういった旅館で採用されるのにスキルも経験も必要ありませんが、挨拶や言葉遣いなどの最低限の社会人スキルやマナーは心得ておきましょう。

旅館の仲居の仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方を教えて

仲居の求人は全国各地にあるため、新卒・中途限らず就職活動はネットの求人サイトや転職サイトで募集を探す方法が適しています。

地元の旅館で働きたい場合は、タウン誌や求人雑誌・折り込み求人広告、ハローワークなどを確認すると求人があるかを確認するとよいでしょう。

また、派遣社員での勤務を希望している場合は、観光地の従業員派遣に特化した派遣会社が多数存在するので、派遣会社に登録後、希望の条件に沿った旅館を紹介してもらい就職する流れとなります。

採用のための面接の志望動機や、履歴書、職務経歴書は人と接することが好き、人を喜ばせる仕事がしたい、といった接客業に前向きな内容を盛り込み、中途の転職の場合は過去の接客に関する経験や経歴をわかりやすく記載し、新卒や未経験の場合は接客向きの人柄が出るような具体的なエピソードを交えると採用担当の方に好印象を持ってもらい採用に繋がる可能性が上がるでしょう。

旅館の仲居の面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツはある?

旅館の仲居の採用面接での志望動機や履歴書、職務経歴書作成の際は

  • 人と接することが好き
  • 他者とのコミュニケーションがきちんと取れる
  • 仲居のどういったところに魅力・やりがいを感じるか
  • どうしてこの旅館を選んだのか

などの内容を盛り込めば印象が良くなり採用につながる可能性が上がります。

履歴書や職務経歴書には転職などの中途採用の方は過去に接客の仕事に携わった経験があればその経歴を詳細に記載し、どういった心構えで接客していたかなども盛り込むとよいでしょう。

新卒や接客業未経験の方は、過去にやっていた部活などの長期にわたって活動していた実績や、社交性ある自身の人柄をエピソードを伴って記載すれば、人柄採用が多い旅館には採用担当に好印象です。

旅館の仲居の求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

旅館の仲居の求人は、正社員、アルバイト・パートの旅館での直接雇用の求人は、地元の場合はタウン誌や求人募集雑誌、折込求人募集広告などを確認すると募集が掲載されていることがありますが、ネットの求人サイトや転職サイトを確認したほうが手早くさまざまなエリアの旅館の求人募集の情報を探すことができます。

また、決まった旅館に勤めたい場合は旅館のHPに求人募集の情報を記載している場合もありますので、一度チェックしてみるといいでしょう。

 

派遣社員の場合は、観光地のホテルや旅館での仕事に特化した派遣会社が多数あるのでそちらに登録し、仲居としての勤務を希望していること、エリアや給料などの希望を伝え旅館を紹介してもらい就職となります。

派遣会社の募集情報も求人サイトに掲載されていますので、各派遣会社の特色や福利厚生を比べてみて登録するとよいでしょう。

派遣社員での就職は基本的には旅館側との面接はないので、履歴書や職務経歴書の作成、志望動機などを考えることが苦手な方には就職活動の負担が軽減されるかもしれません。

 

旅館の仲居は常に笑顔と丁寧な対応を心がけ、体力も必要な大変な仕事です。

しかし、近年は海外からのお客様も多く、日本文化の象徴ともいえるおもてなしの心を感じる仲居の仕事の魅力が再認識されつつあるようです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる