宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

インセンティブ旅行とは

インセンティブ旅行とは、社員の士気を高めたり、相手方と更に良好な関係性を築いていくために企業側から特別に与えられる旅行のことです。そのうち、優れた営業成績を残した社員や販売店へのご褒美となるものを報酬旅行と呼び、重要顧客や関係機関に贈られるものは招待旅行と呼びます。そのうち社員個人を対象にしたものは、当人が喜ぶ旅程でないと価値が半減してしまいますので、アンケートなどで好みや意見を聞き入れておくなどの工夫があれば好ましいです。家族の同伴もOKにするなど、本人だけでなく身内を含めておもてなしをすることで特別感や満足感が更に高まり、本人のやる気は更に向上しますし、周囲にも次は自分がという良い刺激になるでしょう。販売店を対象にする狙いは、スタッフ全員に共通目標を意識させ、チームワークで売上アップに寄与することです。そのためには皆が参加したいと思える魅力的な地域やプログラムを持ったものである必要がありますし、事前に告知をしっかり行うことで早い段階からやる気を出して取り組んでもらえるような準備も大事です。
そしてお得意様や関連会社を対象に招待旅行を手がける場合は、今後も更に良い関係を築いていきたいという気持ちが込められた対応を意識することが特に大事です。案内状の送付から現地でのコーディネートまで招待相手に不快な思いをさせることがないようにします。よって、日程調整についても相手の立場に合わせて時間を作りやすい時期を考え、無理のない計画を立てることも必要です。招待旅行は目先の利益のために行うものではなく、中長期的に見て有益となるように企画します。招待先でビジネスにまつわるイベントを開催すれば、より自社のことについて知ってもらえますし、そこから新しいビジネスに繋がることもあります。
このようにインセンティブ旅行は、特別に大切な相手をもてなすという意味を持ちますし、現地で表彰式やパーティーなども開催するならばそれに応じた大きな会場を確保しなくてはいけないため、特に入念なリサーチが必要になります。よって、大手旅行会社では、多くのツアー実績を元に、インセンティブ旅行専門のプランを用意しています。候補地の選定からパンフレットの作成、告知、参加者登録の管理、問い合わせ代行、スタッフの割り当て、そして旅行後のアンケート調査及び集計に至るまでの一貫したサポートが強みです。人気の行き先はハワイや台湾、国内では北海道などで、リゾート地で食べ物が美味しく、距離的に無理がない地域が選ばれています。

ちなみに「インセンティブ」は一般ビジネス用語としてもよく使われるご褒美の意味を持つ言葉ですが、旅行業界においては、報奨旅行、または招待旅行を意味します。個人客では望みにくい高単価の部屋で予約部屋数も複数に及ぶことが多く、それに伴った宴会やその後の二次会利用も見込めます。ご褒美である以上は、それを目標に社員が仕事に励めるように、内容としても豪華で高単価になるように設定されています。この手法は世界的に注目されており、社員の士気を高め、売上向上に結び付く効果を持っています。会社の慰安旅行とは一線を画し、誰でもが参加できるわけではなく、一定の成績・成果を会社にもたらした者や、利益を上げてくれる取引先へのお礼などとして提供される旅行です。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる