宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

インハウス・エージェントとは

インハウス・エージェントとは、社員の海外出張が多い企業が社内に旅行会社を作る形態を指します。自社内に旅行会社を持つことによって、外部の旅行会社に支払っていた出張費用の削減や新たな雇用の促進、また旅行業による収益も上げられるなどのメリットが期待され1970年代後半から80年代にかけて導入されました。しかしバブルが崩壊すると再度経営の見直しが行われ、出張手続きの業務は社内で行うよりも外部に委託する方が効率的で、コストの削減にも繋がるということで多くの企業がインハウス・エージェントを売却したり解散する結果となりました。
最近では、業務渡航を専門に扱う旅行会社も増えている為、出張に関する手続きはそういった会社に全て委託し、社員の福利厚生に関しては福利厚生サービスを専門に扱う会社と契約するのが主流となり、それぞれの企業が経営のスリム化や業務の効率化を目指しています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる