宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

エコノミークラス症候群とは

エコノミークラス症候群とは、症状で言うと旅行者血栓症のことです。
その名前からエコノミークラスに搭乗するから起こるという疾患のことを指すのかと勘違いされる方もいるかもしれませんが、決してそういうわけではありません。
海外旅行などに行く際は、同じ席に長時間座っていることが多いと思います。特にエコノミークラスでは座席間の幅も狭く、体の姿勢を変えることも容易ではありません。
そのような場合、長い時間にかけて足に負担をかけることで、足の血流が圧迫されることで血流が悪くなり血が固まってしまうことがあるのです。その結果として足がむくんだり、腫れたり、痛みが出たりという症状が出る場合があります。
よって、これはエコノミークラスでのみ起こる症状ではありません。会社などでデスクワークを主にする人が作業に集中するなどして長時間同じ姿勢でいるという場合もあると思います。また、車の運転中に渋滞にはまり、長時間座っていることを余儀なくされるという場合もあるでしょう。
そのような場合でも足の痛みが出てくる可能性はあります。よって、出来るだけ席を立つなどして体を動かし、時にはストレッチをするなどして血流を促進させることが重要と言えるでしょう。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる