宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

オープンジョーとは

「オープンジョー」(Open Jaw)とは「開いた顎」という意味の英語の言葉ですが、航空券の種類のうち、往路便の到着地と復路便の出発地が異なる場合、または往路便の出発地と復路便の到着地が異なる場合の航空券タイプを、ちょうど飛行区間経路が口を開けたような形になるところから、「オープンジョー」と呼びます。
オープンジョーの場合、往路便の到着地から復路便の出発地までの間の区間、もしくは復路便の到着地から往路便の出発地まで戻る区間に関しての移動費用は、航空券代金には含まれておらず、車や電車、バス、船などの移動交通手段を別途手配する形になります。
周遊タイプのチケットとして、しばしば混同されがちなオープンジョー航空券と周遊航空券ですが、旅行経路をどのような交通手段で移動するかによりどちらを利用するかが決まります。たとえば、A市、B市の2つの都市を周る旅をしたい場合に、経路のすべてを飛行機で移動したい場合は周遊航空券を使うことになり、出発地点からA市までと、B市から最終目的地(出発地点)に戻る経路のみ飛行機を利用し、A市からB市へは電車やバスなどの陸路交通手段で向かう予定の場合には、オープンジョー航空券が適しているということになります。オープンジョーの場合、A市とB市の間にC市、D市…と陸路でさらに多くの都市をめぐることも、最終的にB市からの復路便フライトに間に合いさえすれば、もちろん可能です。
ヨーロッパなど、複数の観光都市を列車やバスなどを利用して効率よく周れるようなところでは、オープンジョーは利用価値が高く、飛行機以外の移動区間は列車やバスでの旅を楽しみながら、いくつかの都市をめぐる形にすると、行きたい場所に効率よく行ける、自由度が高い旅が楽しめます。
上記のような、オープンジョーと一般的に呼ばれている航空券は、より厳密的には「シングルオープンジョー」という航空券のタイプになりますが、シングルオープンジョーとは別に「ダブルオープンジョー」というものもあり、往路便の到着地と復路便の出発地が異なる上に、更に往路便の出発地と復路便の到着地も同一でないという航空券になります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる