宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

オープンスカイとは

オープンスカイとは、航空協定に基づいて決める国際便の路線や便数、乗り入れする航空会社、運賃、これらを全て自由化することを言い、航空自由化協定とも呼ばれています。通常はこういった取り決めを二カ国間の政府が行いますが、このオープンスカイによって自由化協定が結ばれることで航空会社同士が自由に決められる形に変わります。
こうして国が空港を積極的に開放することで、人や物の流れがより活発になり経済効果が期待出来るため、世界の航空市場は自由化の勢いが加速しています。その一方で、自国の航空会社は国際競争という厳しい環境に置かれることになるので、日本は長年にわたってこのオープンスカイに消極的でした。
しかし世界的に自由化の流れが進むにつれて、保守的だった日本もこの流れを受け入れ始めます。そのきっかけが、2007年に第一安倍安倍政権が掲げた「アジア・ゲートウェイ構想」です。アジアの国々とより交流を深めることによって、日本の更なる発展を促す計画のもとに掲げられ、首都圏以外の空港をオープンスカイにすることで、韓国、タイの2国と協定を結びました。2010年には、アメリカとの完全自由化が実現し、現在は27カ国・地域とオープンスカイ協定を締結しています。当初この協定は発着枠の関係で、地方空港から始まっていましたが、成田空港の発着枠が増えたことにより、今は成田空港でのオープンスカイも実施されています。
更に、2015年に発足されたASEAN経済共同体に加盟する全10カ国との締結に向けての計画も進んでいます。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる