宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

キャビンとは

英語のキャビンは一般に居住空間を指しますが、船の場合は「客室」を意味します。船長や航海士が乗り込む操舵室はブリッジと呼ばれ区別されています。その広さは船の大きさや用途によって様々です。特に観光目的のクルーズ船においては、キャビンの快適性が満足度に直結しますので、運行会社はキャビンの設備を充実させたり、窓なしの客室を減らしたりして眺望の良い眺めや広さをPRするなどして特色づくりに各社が力を入れています。一方、小型艇におけるキャビンは船体が小さいために、その容積を確保することが難しくなります。加えて荒天時にはキャビンが直接高波に襲われることもあるため、小型艇のキャビンは必要に応じて適切な補強を行うなどして耐久性を上げることが大切です。マリンレジャーでお馴染みのプレジャーボートには操舵席をキャビンの上方に設置することで、キャビンの室内空間の確保と操舵席の快適な視認性を兼ね備えたモデルも発売されています。小型艇のキャビンの下には主に配管が装備されていて、主に手洗いや調理に使った水や、し尿などの汚水を一時保管するタンクへ送る際に使われます。近年では環境意識の高まりに伴い、海洋汚染を防止するために汚水の直接投棄が規制されていますので、小型艇においてもこのような配管装備を確保しておく必要があります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる