宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ギャングウェイとは

船を乗り降りする際に使用される、船と陸または埠頭の間に渡された踏み板のことをギャングウエイ(Gangway)といいます。もともとは船員同士が仲間うちで自分たちを「ギャング」と呼び称したことから使われるようになったということと、オランダ語の「gang =通路」から由来すると言われています。
ギャングウエイは船員たちが使いはじめた言葉ですが、英語の一般名詞としても使われています。日本語では「舷門」や「渡船橋」と訳されています。

これは船や飛行機でも使われる用語ですが、乗船、下船時に岸壁から船内に渡るために渡される一時的な通路のことをいいます。タラップの形態は船と岸壁との距離や段差によって様々な種類があります。その距離が近い場合は板状で持ち運び出来るほどのコンパクトなものがありますし、大型船への乗船時など段差が大きい場合には階段状になっているものを使用します。安全を考慮して歩行面はすべり止めになっており、両縁は踏み外しを防止するための枠がついていることが多いです。
ギャングと名のつく由来についてですが、古くから同業者間で港湾や船内で作業に従事する人達を作業内容毎に数人単位のグループで「ギャング」と呼ぶ習慣があり、今でもその言葉は残っています。gangはドイツ語で「列をなす」の意があり、英語でも「群れをなす」とか「集団」の意味がありますので、作業者が列をなして船に出入りする様子を指してつけられたと言われています。
船のタラップは飛行場で見られる搭乗口のタラップに比べて段差がある場合が多く、かつ波などによる揺れが生じることもあるため、特に高齢者や障がい者の人達が安全に利用出来る設備が望まれていました。近年では段差や傾斜を最小限にしたり、車いすの方がそのまま乗り込めるように工夫された簡易エレベータを併設した「バリアフリータラップ」が設置されているフェリー乗り場もあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる