宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

クイーンサイズベッドとは

クイーンサイズベッドとは横の長さ×縦の長さが約970ミリメートル×1950ミリメートルの大きさのベッドのことです。基本的には2人用の部屋で設置されていることが多いですが駅などの公共交通機関の近くであったり関西空港や成田空港などの国際線の多い空港のそばにあるホテルだとどうしても部屋が狭くなってしまいクイーンベッドを置くとなると4畳半では足りず最低でも6畳以上は広さが必要となるためあまり置かれることはありません。室内のほかの家具を考えると8畳以上の広さが最低でも必要なので都心のビジネスホテルでは特に敬遠されることが多いです。大人2人で寝てもゆっくり寝れるようにクイーンサイズベッドは設計されているので、主にカップル用のダブルやツイン部屋やラブホテルなどの2人で使うことをメインとしている部屋で使われることの多いベッドになります。またクアッドなどの大人数用のルームで置かれていることも多くクイーンサイズベッドを2つ並べて置いておくことで4人家族で寝れるようにしています。海外のコンドミニアムで特にみられることが多いです。2人用ルームの場合クイーンサイズベッドだと片方が寝返りうった際に揺れが伝わってしまって寝付きにくいので2つのシングルベッドを並べておいてあるルームもあります。この縦と横の長さの比率の具合でベッドは名前と種類が変わります。クイーンサイズベットの縦横の比率は寝具メーカーによっては微妙に増減することもありますが基本的にはあまり違いはありません。クイーンサイズベッドが長方形ベッドでは最大サイズになりますが正方形タイプのベッドを含めると横の長さ×縦の長さが約1940ミリメートル×1950ミリメートルのキングサイズベッドがのほうが大きいです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる