宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

グラデュイティとは

チップのことを意味しますが、それと比べるとやや改まった表現になります。よって口語として使われるより文章で見かけることが多いでしょう。例えば、「当レストランではチップを頂いておりません」は「No gratuities accepted in this restaurant」のようにして使われます。日本では心付けや謝礼という意味になりますが、アメリカなどのチップが必要な国ではそれが労働対価の一つとして捉えられているため、特別に良いサービスを受けていないからといって支払わないのはマナー違反となってしまいます。チップを受け取ることを前提とした給与体系になっているので、給与自体は低めに抑えられているのです。チップを支払う風習が無い国の旅行客とのトラブルを避けるため、請求書欄にTipもしくはGratuityと書かれた項目が設けられ、サービスチャージとして予め金額が入力されていることもあります。レストランでの飲食では約15%程度が相場とされています。ホテルのベルスタッフなどに荷物を運んで貰った場合は1個当たり1~3ドル程度を直接手渡すと良いでしょう。
このようにチップ文化が根付いているアメリカでも新たな問題を抱えています。近年の物価の上昇に伴ってチップの相場も増加傾向にあるのですが、その結果として普段からお客に接する機会が多いフロント部門のスタッフは多くのチップを受け取れる一方で、厨房などバック部門との賃金格差が顕著になりつつあります。チップの再分配は法律で禁じられていることから、別の方法でこの問題を是正するために、Union Square Hospitality Group傘下のレストランでは「Gratuity Free」を掲げ、スタッフの賃金体系やメニュー価格を抜本的に見直し、チップを廃止する試みを始めています。接客スタッフの中でも客の多い少ないに左右されず安定するとして肯定的な意見もあるようです。同企業ではサービスとホスピタリティとの違いについて述べており、サービスはマニュアルや技術的な対応を重視するもので、ホスピタリティは、お客が望んでいることを先回りして提供することとされています。サービスとホスピタリティを良いバランスで両立させることがお店の成功のために必要であると考えています。今後アメリカにおいてGratuity Freeが支持を広げられるかどうかが注目されています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる