宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

コミッションカットとは

コミッションカットのコミッションとは、航空券を発行する旅行会社に対して航空会社が支払う手数料のことで、コミッションカットはそのコミッションのパーセンテージを航空会社が引き下げたり、または無くしてしまうことを言います。以前は、旅行会社が正規航空券を販売する際に航空会社がコミッションを支払わなくてはいけなかったのですが、2001年にコミッションの自由化を決定すると、翌年にはアメリカで完全撤廃、そしてヨーロッパにもその影響は及びました。
コミッションカットが始まったとされる背景には、旅行客の伸び悩みや格安航空会社LCCの誕生、またインターネットの普及により航空会社が自社サイトを利用し直接航空券を販売することが可能になったことなどが挙げられます。
航空会社はコミッションをカットすることによって、経費の大半を占める営業関係費の削減に成功しましたが、旅行会社には大きな痛手となったことは言うまでもありません。その後コミッションに変わる収入源を得る為に、購入者から直接手数料を徴収する動きがありましたが、それでもアメリカでは旅行会社の淘汰の勢いは止まらず、現在残っているのは以前の3分の1程度と言われています。日本では、2009年4月に日本航空と全日空がコミッションカットを行い完全撤廃しています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる