宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

シーズン・オフとは

シーズン・オフはその名の通り、季節外れ、との意味があります。ホテルや旅館におけるシーズン・オフは繁忙期以外の季節のことを指します。
一般的にシーズン・オフの場合、観光客が少なくなります。例えば、紅葉がキレイな場所は秋は観光客が多くなりますが、花や葉がなくなる冬はシーズン・オフと言えるでしょう。
また、海水浴場などを備えた海に近いホテルは夏場の観光客は多いですが、冬場は泳ぐ人もいなくなるためシーズン・オフとなるでしょう。
このようにシーズン・オフの時期はホテルや旅館に泊まる人が少なくなってしまいます。よって、宿泊客を呼び込むため、宿泊代を繁忙期に比べるとかなり抑えているケースが多いです。
旅費を抑えて旅行を楽しみたい観光客はあえてオフ・シーズンに旅行してみるのもいいかもしれません。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる