宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ダブルオキュパンシーとは

2人部屋を2人で利用することをいいますが、ホテル経営用語として用いられるときには1室あたりの平均宿泊者数のことをいいます。DOR(Double Occupancy Ratio) や APPR(Average Person Per Room) や Density、AGPR(Average Guest Per Room)、MOR(Multiple Occupancy Ratio)、同伴係数など様々な呼び方があります。宿泊者数を販売客室数で除した値で表され、例えば宿泊者数が160人で、販売客室数が80室のときには、160÷80=2人となります。通常、旅館などは大部屋もあるため1室あたりの収容人数も3人以上となりその値も高くなり、逆にビジネスホテルなどは値が低くなります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる