宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

チェックインとは

ホテルや旅館などの宿泊施設においての、宿泊のための一連の手続きをチェックインといいます。
チェックインの手続きは、国内の宿泊施設でも海外のホテルでも、通常フロントデスクで行います。郵送やメールなどで事前に入手している予約確認書や旅行会社などから事前に渡されているバウチャーがあれば、それをフロントに提示することで、また電話で宿泊予約をしている場合はフロントで予約者の名前を伝えれば、手続きが可能です。インターネット予約の場合は、予約が完了していることが分かるサイトの画面やメールの文面を提示できるようにしておくと安心です。
事前に宿泊予約をしていない場合は、当日、部屋に空きがあれば、その場でチェックインの手続きが可能です。
チェックインの際には、宿泊者カードと呼ばれる用紙に、名前や住所、連絡先の記入を求められます。海外のホテルでは、一般的に身分証明のためにパスポートの提示も求められます。
宿泊費用の支払いは、滞在最終日にホテルなどをチェックアウトする際に行うのが一般的ですが、日本国内のビジネスホテルなどでは、チェックイン時に宿泊費用全額の前払いを求められる場合もあります。
海外のホテルでは、国にもよりますが、チェックインの際に、宿泊料金以外のレストランやルームサービス、ランドリーサービスなどホテル内の様々な施設やサービスの利用に伴う食事料やサービス料支払いのための保証金として「デポジット」という預り金を求められることがよくあります。デポジットは、ホテルの求めに応じて宿泊客がクレジットカードを提示し、ホテル側がその控えを取る形で手続きが完了するのが一般的ですが、クレジットカードを持っていない場合などは、一定の金額を現金で預けるように求められることもあります。日本のホテルでは馴染みのない慣習のため、チェックイン時に想定外の前金を請求されたり、クレジットカードを要求されて慌てる日本人旅行者も多いですが、デポジットとしてのクレジットカードの控えはチェックアウト時の宿泊費精算後にきちんと破棄されますし、また現金の場合は何らかの形で返金されるので、心配は無用です。
チェックインの手続きは、客室の鍵やカードキーが手渡されたら、完了となります。
14時以降、15時以降などとホテルごとに設定されているチェックインの規定時刻ですが、その規定時刻よりも早くチェックインして部屋に入る手続きのことをアーリー・チェックインといい、海外旅行でフライトが早朝に着く場合などに大変便利です。アーリー・チェックインは場合によっては前夜から宿泊客を入れずに1部屋を押さえておく必要があるため、事前の予約が必要とされる場合が多く、半日分もしくは1日分の追加料金を請求されるのが一般的です。人気のあるホテルの場合、オンシーズンには、予約としてではなく、リクエストとしてのみ受け付けてくれ、当日の客室の空き具合によっては断られるといったケースもあるので、注意が必要です。
東南アジアのホテルでは、チェックイン時刻の規準が比較的緩く、客室が空いていれば、早朝でも無料でチェックインできることが多いですが、早い時間から確実に部屋に入りたいという希望がある場合には、アーリー・チェックインとしてあらかじめ追加料金を請求される場合もあります。

ホテルなどでの宿泊手続きのほか、飛行機に搭乗する前に、空港の航空会社のチェックイン・カウンターにおいて、搭乗予定のフライトの予約確認を受け、便名、搭乗口、搭乗時刻、座席などが印字された搭乗券を発行してもらい、預け入れ荷物を預けるという一連の手続きのことや、またレンタカーを借り受ける際のショップでの一連の手続きのことも「チェックイン」といいます。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる